>   > 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――6月にはZepp DiverCity Tokyoでの単独公演を成功させた、大人気アイドルグループ「夢みるアドレセンス」。その最年少メンバー・京佳ちゃんは、実はナイスバディの持ち主、そして、知る人ぞ知る「サメマニア」だって、知ってました……?

160807cyzo_520.jpg
(写真/角田修一)

「私、サメが大・大・大好きなんです!」

 満面の笑みでそう語るのは、現役女子高生アイドル・京佳ちゃん。かわいい顔だちとは裏腹に、大の“サメ”オタクと聞いて、編集部は特別コラボグラビアを敢行! 今年に入って少年マンガ誌の表紙を飾ることも増えてきた京佳ちゃんですけど、今日の撮影はどうでした?

「大好きなサメたちに囲まれて、本っ当~に楽しかったです! 水着も夏っぽくて、夏先どりって感じでした!」

 ぬいぐるみを持っての撮影でしたが、サメの種類にも詳しいとか。

「最初のページで左手に持っている黄色くてしっぽが長い子は、トラフザメです。身体は大きいのに目がちっちゃくて、性格もおとなしいんですよ。神奈川の新江ノ島水族館に2匹で住んでて、一緒にご飯食べたり寝てたりしているところが見れて、かわいいんですよね~」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」