>   >   > 観月ありさが出演辞退を後悔した名作ドラマ...
1607midukis.jpg
『高校教師 DVD BOX』

 女優の観月ありさが、7月22日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。過去に出演を断り、後悔した人気ドラマがあることを告白して、話題を呼んだ。

 美少女キャラでブレイクした観月だが、ドラマのオファーがあった当時はクールなイメージを払拭しようとしていた時期。作品に近親相姦シーンがあったことで、「せっかく明るいイメージに持ってきたのに、またこの役やったら暗くなっちゃうな」と、タイミング的な問題で葛藤があったという。

「脚本家は『伝説の少女』という観月のデビュー曲を聴きながら彼女をイメージして書いてくれていたそうです。観月ありきで制作準備が進められていたものの、最終的にはイメージの変更を優先。彼女自ら謝りに行ったと話していました」(芸能ライター)

 観月は出演しなかったことを今でも引きずっているようで、「その時はあまり後悔してなかったんだけど、この年齢になってみると、やっといても良かったのかなぁ、みたいな気持ちになったりする」と振り返った。テレビ誌ライターが言う。

「番組ではタイトルは伏せられていましたが、このドラマは93年に真田広之と桜井幸子主演で放送され、最終話で視聴率33.0%を記録した『高校教師』(TBS系)です。『愛という名のもとに』『ひとつ屋根の下』など、フジテレビで数々のヒット作を放った野島伸司が、初めてTBSで脚本を手がけた問題作で、観月の代役には新人だった桜井が起用され好演しています」

 桜井は本作での演技が評価され、以降も『人間・失格』や『未成年』など、野島ドラマで重要な役柄を任されている。

「観月は後悔しているとのことですが、あれは桜井だから大ヒットしたわけで、観月だったら一気に安っぽくなってあそこまでヒットはしていないでしょう。ちなみに、桜井演じるヒロインの親友で、教師にレイプされて妊娠する役を演じた持田真樹も、何人もの女優に断られた末にようやく決まっています」(前出・テレビ誌ライター)

 観月の身長は真田と同じ170センチ。これだけでもなんだかしっくりこないが、視聴者にとって彼女の出演辞退は「大ファインプレー」だったのは間違いない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』