>   >   > ポピュリズムに翻弄される【米大統領選】
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第115回

【神保哲生×宮台真司×会田弘継】ポピュリズムに翻弄される米大統領選の背景

+お気に入りに追加

――ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地

1608marugekis.jpg
『ドナルド・J・トランプ マイヒストリー: 知られざる人生記録』

[今月のゲスト]
会田弘継[青山学院大学教授・ジャーナリスト]

ヒラリー・クリントンが民主党の候補者に指名されることが確実になったアメリカ大統領選。だが、一方の共和党は、政治経験が皆無、暴言を繰り返す候補者が選ばれるという前代未聞の事態に陥っている。アメリカ国民の不平不満を背景に躍進してきたトランプ旋風は、保守とリベラルというすみ分けを超えて、一体何を示しているのだろうか?

神保 米大統領選は民主党ヒラリー・クリントンVS共和党ドナルド・トランプとなることが事実上決まりました。しかし、ここに至る過程では、両党とも予想外の展開が続きました。右も左も大混乱といった状態ですが、今日は今、アメリカの政治に何が起きているのか、その背景には何があるのかなどを見ていきたいと思います。

宮台 国民投票でEU離脱を選んだイギリスを見ても「保守か革新か」という切り口は通用しません。保守党は真っ二つだし、労働党にも離脱派が3割もいました。トランプ現象との共通性は「誰が国民なのか」問題です。

 トランプが元民主党員なのに排外主義者なのを不思議がる向きがありますが、再配分リベラルだからこそ排外主義になります。再配分は「仲間内」でするものだから、「あいつは仲間じゃない」と噴き上がるのです。イギリスの労働党もアメリカの民主党も、非インテリ層と地方層がこうした〈リベラル・ナショナリズム〉に淫します。

 他方、イギリスの保守党もアメリカの共和党も、エドマンド・バークがいう保守主義だったので、言葉を頼るがゆえの過激な主知主義を否定し、共通感覚を探るがゆえのマイルドでモデレートな方向を採るものでしたが、「◯◯人は△△だ!」と◯◯人の知り合いもいないクセに勝手に決めつける〈国粋ナショナリズム〉が跋扈します。

〈リベラル・ナショナリズム〉は普遍価値としての人権を否定する似非左。〈国粋ナショナリズム〉は、言葉のこざかしさを超えた懷の深さのカケラもない似非右。似非左と似非右が合体して、イギリスの離脱派やアメリカのトランプ支持派が形成されています。

 キャメロンは、似非左と似非右の合体を念頭に置いて「EUを離脱すれば未知のカオスに突っ込む」と警告していたけれど、アメリカのトランプ現象に似て、「未知のカオスだろうが知るもんか」といった、都市部のインテリを信用しない感情表出が合体ナショナリズムを支えます。

神保 今回はアメリカの政治思想に詳しい、ジャーナリストで青山学院大学地球社会共生学部教授の会田弘継さんをゲストにお招きしました。アメリカの思想家について詳述した『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)という著書を出版されるなど、特にアメリカの保守思想に通じておられます。早速ですが、会田さんは今回の米大統領選について、どうご覧になっていますか。

会田 共和党も民主党も、大きなポピュリズムの波に覆われています。民主社会主義とは何か、という議論も巻き起こっています。民主社会主義者のバーニー・サンダースが民主党の大統領候補になりかけてしまうような状況は、アメリカに大きな地殻変動が起きていることの証明でしょう。世論調査を見ると、2011年くらいの段階から「ミレニアル世代」と呼ばれる1980年以降に生まれた人たちには、資本主義より社会主義の好感度が高いんです。

神保 冷戦時代の社会主義国のイメージを知らないわけですね。

会田 冷戦時代を知らない人がドイツや北欧で行われてきた社民政治を見たら、「アメリカよりも、ずっといいじゃないか」と思うのです。高い授業料で学校にも行けず、就職もどうなるかわからない。「ウォール街を占拠せよ」以前、2004年に民主党の大統領候補を目指しハワード・ディーンが旋風を巻き起こしたあたりまで遡れる流れが今も続いており、ヨーロッパ的な社民政治をやってもいいんじゃないか、という機運が広がっています。

神保 なるほど。議論の前提として、慶應義塾大学教授の渡辺靖さんによる、アメリカにおける「保守」と「リベラル」の定義を見てみましょう。保守は「自由な市場競争を重んじる(政府の介入を嫌う)」「地域や教会を中心とした自治の伝統を重んじる(政府の介入を嫌う)」「国際社会における自国の行動の自由を重んじる(他国の介入を嫌う)」、一方リベラルは「政府の役割を重んじる(公共の福祉目的の市場介入を認める)」「公平を重んじる(弱者を保護し、差別を積極的に是正する)」「国際協調を重んじる」となっています。

宮台 この定義がアメリカ的であることが重要です。アメリカの保守は、経済的自由を主張しがちで、敵は政治的再配分主義(アメリカ的リベラル)です。ヨーロッパの保守は、経済的自由や過激思想が、穏便な政治文化をスポイルする可能性に脅えます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

    • 【地方自治体】と新聞の癒着
    • 【箱根駅伝】ルール改悪の裏側
    • 【フジ月9】竹野内豊出演拒否の事情

インタビュー

    • 【浜辺美波】石川JKから東宝シンデレラへ
    • 【山本佳乃】被写体となった少女の過去
    • 【モンスター大陸】ブルースバンドと筋肉

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」