連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

私写真家のセンチメンタルな旅

+お気に入りに追加
1607P120-123_01.jpg
“Sentimental Journey ― The Complete Contact Sheets”, 1971/2015 (c)Nobuyoshi Araki / Courtesy of amanasalto

 1971年に荒木経惟が1000部限定で出版した私家版の写真集『センチメンタルな旅』は、日本写真のその後を大きく規定するモニュメンタルな1冊となった。結婚式の写真から始まり、新婚旅行の道程が続くのだが、妻・陽子は終始硬い表情で、よく指摘されるように全編にわたって死の気配さえ漂っている。この中の写真は、病に侵された陽子が他界するまでを1冊にまとめた『センチメンタルな旅・冬の旅』(新潮社/91年)の前半部にも再編集されて収録される。新婚旅行に漂っていた死の気配と感傷は、20年後、妻の病によって強化されることになるが、それらが写真そのものと切り離しがたく結びついていることは、言うまでもないだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載