連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

福島菊次郎の遺言(下)

+お気に入りに追加
1606_shashin.jpg
パネル「9000人の証言 写真で見る戦争責任」(1990年代)より。(福島菊次郎写真パネル保存会とKYOTOGRAPHIEの提供)

 報道写真家の福島菊次郎は、1982年に瀬戸内海の無人島・片山島での生活を始め、表舞台から姿を消した。日本の政治にも、国民にも、出版界にも、東京にも絶望し、日本人であることさえ拒否しようとした結果の入植だった。長年テーマとしてきた社会問題が何ひとつ解決していないことへの憤りが福島を無人島へと導いたともいえるだろう。しかし、人間社会から隔絶したこの島での自給自足の暮らしは、体調を崩したことにより翌年に終わりを迎え、88年には胃癌の手術を受けることとなる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載