>   >   > 町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第102回

『ズートピア』――ディズニー・アニメに隠されたアメリカの多民族社会

+お気に入りに追加

『ズートピア』

1606_machiyama.jpg

あらゆる動物たちが共存する理想郷「ズートピア」。ここでは動物ごとに仕事が割り当てられているが、ウサギの主人公ジュディは警察官になることが夢だった。その夢を叶えた矢先、ある行方不明事件を追うことに。その背後にはズートピアの存続がかかる陰謀が隠されていた。

監督/バイロン・ハワード、リッチ・ムーア、製作総指揮/ジョン・ラセター。公開中。


 ディズニーの新作アニメ『ズートピア』は、人間以外のあらゆる動物が集まってくる大都市ズートピアが舞台。でも、これはおとぎ話じゃない。移民国家アメリカの現状をリアルに反映した映画なのだ。

 ディズニーは昔からそうだった。1955年の『わんわん物語』はレディという血統書つきのコッカースパニエルとトランプという野良犬のラブ・ストーリーだが、レディはWASP(ホワイト・アングロ・サクソン・プロテスタント)の象徴で、トランプは20世紀初頭に移民してきた南欧や東欧移民だ。トランプの仲間の野良犬も、ボリス(ロシア系)やペドロ(ラテン系)。移民の町、ブルックリンで、レディとトランプはイタリア料理を食べるが、レディはスパゲティの食べ方を知らない。当時、イタリア料理はまだ一般化していなかった。

 さて、ズートピアには、ジャングルなら弱肉強食の関係にある肉食動物と草食動物が仲良く平和に暮らしている。それはアメリカのようだ。中国とチベット、ロシアとウクライナ、イスラエルとアラブ諸国など、母国では対立し、殺し合っているような人々でも、アメリカでは隣人として、同胞として暮らしている。だが、多民族社会にはそれなりの礼儀が必要だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』