連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

福島菊次郎の遺言(上)

+お気に入りに追加
1605_shashin.jpg
発作に襲われ苦しむ、被爆者の中村杉松さん。(写真/福島菊次郎/共同通信イメージズ)

 昨年9月、写真家の福島菊次郎が他界した。94歳だった。戦後日本の政治社会に警鐘を鳴らし続けてきた写真家として知られているが、本格的に写真の道に入ったのは42歳と遅咲きだった。戦中派の福島は、1944年に広島の部隊に入隊するも訓練中に骨折し除隊、翌年再召集され、7月に特攻隊員として九州の日南海岸に配属されたため、そこで8月15日を迎えて命を拾った。広島の爆心地近くにあった原隊は全滅したという。

 その後、郷里の山口県で時計屋や写真現像の仕事をしながら、50年代初頭から戦争孤児や広島の被爆者の写真を撮影し始めた。民生委員として生活困窮者の実態を眼にしたことがきっかけだった。61年に上梓した写真集『ピカドン――ある原爆被災者の記録』は、重い原爆症に苦しむ漁夫・中村杉松さんの一家を10年以上取材したもので、撮影も過酷を極め、自身も精神病院への入院を余儀なくされた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」