>   >   > 町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第101回

『トランボ ハリウッドで最も嫌われた男』――ハリウッドの黒歴史「赤狩り」に耐えた脚本家の執念

+お気に入りに追加

『トランボ ハリウッドで最も嫌われた男』

1605_machiyama.jpg

共産党支持が禁止されていた1940年代のハリウッドでは、共産党員を探し出す、いわゆる「赤狩り」が行われていた。告発された多くの映画人は、同じ党員の名前を白状したり、海外へと逃げる者も少なくなかった。そんな中、脚本家のトランボは偽名で仕事を続けていった……。

監督/ジェイ・ローチ、出演/ブライアン・クランストほか。7月全国公開予定。


 1950年代、黄金時代のハリウッドを描いた2本の新作映画がある。ひとつは『トランボ ハリウッドで最も嫌われた男』。『ローマの休日』(53年)や『スパルタカス』(60年)の脚本で知られるダルトン・トランボの伝記映画。もうひとつは『ファーゴ』や『ビッグ・リボウスキ』のコーエン兄弟の監督作『ヘイル、シーザー!』。ジョージ・クルーニー扮する世界的映画スターの誘拐事件をめぐるコメディだ。この2つはハリウッドの黒歴史「赤狩り」でつながっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー