サイゾーpremium  > インタビュー  > 【里咲りさ】夢を描くぼったくりアイドル
インタビュー
波乱万丈のキャリアを持つ究極の“DIYアイドル”が見る野望

【里咲 りさ】「呼吸をするように」年間1000枚のCD-Rを焼く“世界的アイドル”

+お気に入りに追加

――早稲田中退、ぼったくり物販、アイドルグループメンバーにしてシンガー・ソングライター、な彼女の野望。

1604_P_Risa.jpg
(写真/木川将史)

 もはや飽和状態にあるアイドル市場だが、ここまで振り切れているアイドルは珍しい。里咲りさ、23歳。地下アイドルグループ「少女閣下のインターナショナル」メンバーにして、同グループをマネジメントする“運営担当”。と同時に“里咲りさ”名義でソロアイドルとしても活動、といってもこちらでは作詞作曲もこなすシンガー・ソングライターであり、個人事務所・フローエンタテイメントの代表であり、昨年12月放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)地下アイドル特集では、ライブ会場にて原価800円のハッピにサインを入れて2500円で販売するなどの「ぼったくり物販」を実演してみせ、話題を呼んだ。つまり彼女、究極の“DIYアイドル”なのだ。

「『ぼったくり物販』って、ほかの事務所だったら止められるかもしれないじゃないですか。急に『CDを今出したい』と言っても『ダメ』ってなるかもしれない。だから私は、制作からお客さんに作品を届けるまで、できるだけ自分ひとりでやりたいんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載