サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > 【ちはやふる】に見る2大イタイ系女子の闇
連載
フィクションで解剖――オトメゴコロ乱読修行【12】

意識高いは「メンヘラ予備軍」!? 『ちはやふる』に見る2大イタイ系女子の闇と攻略法

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1604inada.jpg
映画『ちはやふる』公式サイトより。

「アイドルじゃなくて女優だから」のエクスキューズのおかげで、ロリコンおじさんが大手を振って「好き」を公言できる便利女優・広瀬すず主演の映画『ちはやふる』が、3月と4月に前後編で連続公開される。本稿執筆時点で映画は公開前なので、今回は原作コミック版を考察したい。

『ちはやふる』は、競技かるた「小倉百人一首」に青春をかける少年少女たちの青春物語だ。連載誌は成人女性向けの「BE・LOVE」(講談社)。作者の末次由紀も女性だが、実は少女マンガの皮をかぶった少年マンガである。

 試合シーンは『ドラゴンボール』や『HUNTER×HUNTER』や『ジョジョの奇妙な冒険』(すべて集英社)のバトル並みに、スピーディかつ激アツ。「上の句の一文字目の“F音”を最速で聞き分ける」などというSFじみた能力ウンチクがそれを盛り上げる。「できない。勝つ想像が」「障る。強さの気配」といった倒置法セリフにほとばしる厨二感もたまらない。少年の心を持つオヤジの大好物要素がてんこ盛りなのだ。

 主人公・綾瀬千早は、天才的なかるたの才能を持つ長身美女。天真爛漫で、熱く、ポジティブで、少しだけ天然の、絵に描いたようなヒロインだ。『ドラゴンボール』でいうなら悟空にあたる。

 だが、男性諸氏が注目すべきは、悟空ポジションの千早や、ベジータ、フリーザにあたる綺羅星のごときライバルのかるたガールズたちではない。『ちはやふる』の白眉は、むしろ輝いてないサイド――非キラキラ女子の描写にある。「非キラキラ」は少々行儀のいい表現なので、思い切ってわかりやすく言おう。「メンヘラ予備軍」「闇堕ち系」の女子キャラたちである。

 そんな「非キラキラ」の二大巨塔が、千早が1年生のときに対戦した24歳の元かるたクイーン山本由美(ユーミン)と、千早が3年生になった時、同じかるた部に入部してきた1年生の田丸翠だ。

 銀行で窓口業務の仕事をしているユーミンは、化粧っけがなく髪パッサパサ感のある地味女。田丸はおかっぱのダサメガネで、こちらも地味顔。作者は意図的に、2人を「華のない不美人」に描いている。

 ユーミンの全盛期は大学時代。一度はクイーンの座に就いたが、その後伸び悩み、対戦成績はがた落ち。なまじ一度頂点を極めてしまっただけに、周囲の期待に応えられないことで、どんどん病んでいく。自己評価がとてつもなく低く、ネガティブ思考が行くところまで行ってしまった。それが試合にも悪影響を与え、さらに勝率を下げている。

 現実世界に転じるなら、ユーミンは「社会人になってつまずいた高学歴女子」そのものだ。地元では優等生、親戚や町内からの評価も高く、「できる子」として歩んできた。学校では、成績上位をキープ。遊びや男にかまけるギャルどもは、ひとくくりにして軽蔑。地元なんかでくすぶってる私じゃない! と意気込んで上京し、意気揚々と都内の大学に進学する。ここまでは良かった。

 彼女がつまずくのは就職してからだ。多くの企業において、若手社会人に取り急ぎ必要なスキルは学校の偏差値ではない。コミュ力や根回し力、要領や人当たりの良さだ。そんなもの、学校では一切教えてくれなかった。話が違う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』