サイゾーpremium  > インタビュー  > 【Julie Watai】自撮りで乙女フェチを表現する現代美術家
インタビュー
"少女性"が牽引するクールジャパン

【Julie Watai】少女の歪んだ欲望を最高クオリティの自撮りで写す現代アーティスト

+お気に入りに追加

――06年に発表した写真集『SAMURAI GIRL』が、欧米で大ヒットしたJulie Watai。そんなクールジャパンの先駆者が行き着いたのは自撮りだった!?

1604_julie1.jpg
(写真/河西 遼)

 絡み合う機械と肌があらわな女性。禁断の……という形容詞も陳腐に聞こえる写真の数々は、作家自身によるセルフィー(自撮り)。Julie Wataiがこのたび上梓した『トーキョー・フューチャー・クラシック』(DU BOOKS)は、彼女のフェティシズムを目いっぱいに詰め込んだ作品集だ。

「オタク文化で描かれる女性って、やたらセクシーですよね。そういうキャラを写真で作りたいなって思ったんです。マッドサイエンティストがラボで美女アンドロイドに囲まれている、みたいなエロさがやりたくて」(Julie)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』