>   >   > カトパン退社のジリ貧フジテレビ、亀山社長がついに退任か!?
1602katoayako.jpg
フジテレビアナマガHPより

 カトパンフリー転身を巡ってフジテレビが揺れている。冬のボーナス大幅カットに始まり、下げ止まらぬ視聴率、そしてカトパン退社の一報が決定打となり、局内は水を打ったように静まり返っている。瀕死寸前の状態のなか、遂に亀山社長の進退に関する噂が流れてきた。

「実は今年の株主総会の前に亀山社長が退任するという噂がまことしやかに囁かれています。社長に抜擢されたものの、これまでやったことはといえば『笑っていいとも』を終わらせ、社屋前に噴水を作ったことくらい。視聴率や業績への貢献はほとんどありません。昨年カトパン退社報道があった際にも、直接メールのやり取りをしていることを会見で暴露するなどスタンドプレイも少なくない。今回のカトパン退社劇も、先がない亀山社長に義理立てする必要がなくなり、カトパンが見限ったから、という見方をするむきもあります。局内での求心力は既になくなっているというのが実情です」(フジテレビ局員)

 巻き返しを図るため、春の改編では大幅なリニューアルが予定されている。しかし局内から聞こえてくるのは、冷ややかな声ばかり。

「年頭の社員向けのメッセージも後ろ向きな言葉が並び社員のモチベーションはあがるどころか下がりっぱなし。春の改編でも生放送にこだわるあまり、『バイキング』『グッディ!』というお荷物番組を拡大するなど迷走しています。日枝会長も既に亀山社長を見放しているようで、今後視聴率に上がり目がなければ、もう後はありません。仮に今年の総会を乗り切っても先は長くないでしょう」(フジテレビ関係者)

 亀山社長に起死回生の策はあるのか!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」