>   >   > 激ヤセ報道はガセ!? ゲス極への愛が燃え...
160204becky2s.jpg
『ゆめの音色 ~music life~』(エムオン・エンタテインメント)

『ゲスの極み乙女。』川谷絵音との不倫騒動で出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビの出演も見合わせて休業に追い込まれたベッキー。一部スポーツ紙がベッキーの激痩せぶりを報じていたが、意外にも本人は元気なようだ。

「記事によると、ベッキーは川谷との不倫騒動後はなかなか寝付けず、食事も喉を通らない状態が続いて、10日間で4キロ痩せたとありました。ところが、本人は交遊のあるタレントたちに、『1カ月後には復帰します』と手紙やLINEを送り、激痩せどころか食欲旺盛で血色もいい。テレビでやつれて見えたのも、反省が伝わるようにあえてメイクでゲッソリさせていたという話まで聞こえてきます」(テレビ関係者)

 騒動以来、真偽不明の報道が飛び交っているが、その中のひとつに“反撃”の意思まで示しているというものがある。

「スキャンダル処女とされていたベッキーですが、過去にはEXILEのメンバーと交際していたと書かれたこともあります。さらに最近では女性週刊誌で川谷とのスキャンダル報道以前にも既婚者と交際していたとも報じられました。その相手は『大阪を拠点とするプロスポーツ選手で、“浪速の星”と呼ばれる人気者のA』ということで、阪神タイガースの元選手や川谷に似ていると言われているオリックスバッファローズの現役選手、サッカーの日本代表選手の名前まで取り沙汰されました。これに対して、ベッキーは『訴えたい』と事務所に申し出たが、さすがにそういうタイミングではないと、事務所に諫められた。ベッキーがこの報道を許せなかったのは、自分の気持ちが“一筋”であることを川谷に伝えたかったためでしょう」(前出・テレビ関係者)

 現状を全くピンチと思っていないベッキーの川谷“愛”は、ますます燃え盛るばかりだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』