>   >   > ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?
160204beckys.jpg
『木部本』(ポプラ社)

 出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビ出演も見送るなど、所属事務所サンミュージックの懐具合に打撃を与えているベッキー。この深刻な状況に事務所内には悲壮感が漂っているという。

「最近、サンミュージックの幹部から社員や所属タレントに“緊急メール”が送られてきたようです。そこには『未曾有の危機であること』『それぞれが自分たちの力で稼ぐように』といった内容が書かれていたといいます。なんせ、ベッキーの不倫騒動で被った損害額はCMで10億円、テレビで5億円と見られている。ベッキー本人は『1カ月で復帰する』と周囲に吹聴しているそうですが、そんな短期間での復帰などありえません。このまま芸能界からフェードアウトする可能性のほうが高い。騒動の影響でLINEのスタンプがバカ売れして1000万円ほどの収益になると言われていますが、正直、屁のツッパリにもならないでしょうしね」(業界関係者)

 そんな中、サンミュージック内ではこんな起死回生案も浮上しているという。

「ベッキーの妹で、ロサンゼルスで活動するダンサーのジェシカに代役を頼めないかというものです。彼女はアメリカのダンスバトル大会で優勝した際には、ネット上で『可愛すぎる』と絶賛されました。所属事務所もなくフリーですから、もし引っ張り出せれば話題になること間違いなしです」(前出・業界関係者)

 広瀬アリス&すずを筆頭に、最近の芸能界は「姉妹ブーム」だけに、それもアリか!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載