>   >   > 【スマホシフト】本格化で落ちこぼれるメディア
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第25回

【クロサカタツヤ×原田俊】スマホシフトが本格化し、落ちこぼれるメディアが続出!? 2016年のネットメディアとは?

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1602_kurosaka_01.jpg
主な情報通信機器の世帯保有状況 (平成20~25年)出典:総務省「平成25年通信利用動向調査」↑画像をクリックすると拡大します。

――2015年は、日本のインターネットにとっても大きな転換点となった。世界と同様にスマホシフトが進む一方で、マネタイズの方法がいまだ不安定。その反動で、ステマなども大きな問題となっている。変わり続けるウェブメディアとそのマネタイズの未来とは?

クロサカ 今月は広告業界からゲストをお招きしました。原田俊さんは、平たく言えばネット広告の新しい仕組みや技術を研究されています。最近、広告業界では、いわゆる「アドテク」が進化する一方、ステマ騒動のような、広告とコンテンツの境目の問題も取りざたされています。

原田 ネットでは広告が、見せ方にしても、内容にしても、押しつけるようなところがあると途端に消費者に反発されてしまいます。

 広告の押しつけがましさに対しては、表現とデータという、2通りの解決方法があると思っています。表現というのは、面白さや、役立つことで広告を見てもらうという従来の手法です。データは、消費者が何を見たがっているかをシステムで推測し、最適と思われる広告を見せるもの。ただ、そこの技術が読者の求めるものをちゃんと提示するようなレベルには至っていなくて、リタゲ【1】のようにストーカー的になって「気持ち悪い」と思われてしまっているのかなと。なので、やっぱり消費者が見ているサイト内容に合わせた広告のほうが効果があるんじゃないかとも言われます。ただ、そうしたやりすぎともいえるデータ活用の背景には、広告主の、消費者に広告を見てもらいたいという自然な気持ちがあるので、なかなか難しいですね。

クロサカ 広告主、メディア、その先にいる消費者で、広告をめぐる「テンション」がそれぞれ違うんですよね。消費者の立場としては、広告主はいつもハイテンションな感じ(笑)。

原田 そういった気持ち悪さは、データによる広告の仕組みや利用するデータの種類、目的を開示することである程度解消できると思っています。同時に、広告業界側の規制も必要ですね。新しいアドテクやデータの利用方法が出てきたら、そのたびにプライバシーに与える影響を評価する必要がある。それを業界団体であるJIAA【2】でルール化しようとしています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』