>   >   > 芸能人の【自己正当化法】を精神科医が暴く
1602nakayamas.jpg
『なぜならやさしいまちがあったから(集英社文庫)

 15年に過去のスキャンダルを掘り起こす形で話題となった喜多嶋舞、中山美穂、紗栄子。自らのスキャンダルを弁明するべく女性誌に掲載された、彼女たちのインタビュー、手記は「自己愛」に満ちあふれていた──!? 精神科医・春日武彦先生に分析を仰いだ。

 彼女たちの自己愛を分析するにあたり、まず考えたいのが「比べる自己愛」についてです。学術用語ではありませんが、自己愛には「比べる自己愛」と「比べない自己愛」があります。「比べる自己愛」とは、常に他者との比較によって保障されるもので、他者に勝ち続けなければ自己肯定ができないという性質のものです。基本的には誰もが「比べる」「比べない」双方の自己愛を持っていますが、その比率が人によって異なり、特に芸能人のような、他者との比較を通じて仕事のモチベーションを高めていくような職業だと、「比べる自己愛」が強くなるわけです。

 この「比べる自己愛」の要素が強い人は、例えば女優なら演技で賞を受賞するとか、時に、女性たちの憧れの的である有名人とのゴシップが出ることも他者に対する勝利の証しとなり、それが自己肯定へとつながります。しかし、世間から非難されるようなスキャンダルが出たり、新人女優に人気を奪われたりと、「比べる自己愛」を守り続けることはなかなか難しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』