>   >   > 町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第97回

『スポットライト』――地元紙が暴いたカトリック司教の性的虐待と“罪と罰”

+お気に入りに追加

『スポットライト』

1601_machiyama_01.jpg

2002年12月、ボストン地元紙の記事が全世界に衝撃を与えた。「カトリック神父が、性的虐待を行っている」──。きっかけはひとつのコラムだった。地元の神父による未成年信者への性的虐待が発覚するも、示談となり、裁判記録も消滅。これに疑問を持ったのが、ユダヤ系の新編集長。やがて取材が進むにつれ、事件を隠蔽したカトリック教会の実態が明らかに……。

監督:トーマス・マッカーシー/出演:マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムスほか。16年4月、日本公開予定。


「このコラムを読んだかい?」

 2001年7月、ボストンの地元紙グローブの編集長に赴任したマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)は新しい部下たちに尋ねた。

 彼が指さしたのは、ボストンのカトリックの司教が未成年信者への性的虐待で訴えられたが……という小さなコラムだった。被害者とは示談になり、裁判所は事件の記録を封印したと書いてある。

「封印なんておかしいと思わないか?」

 バロンにそう聞かれて、地元ニュース欄「スポットライト」のデスク、ロビーことウォルター・ロビンソン(マイケル・キートン)は戸惑った。ボストニアンにとってカトリック教会を疑うなんてあり得ないことだったからだ。市民の2人にひとりがカトリック信者で、スポットライト班も全員カトリックとして育った。だが、新編集長のバロンはフロリダ生まれのユダヤ系だったので、素朴な疑惑を抱いたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載