>   >   > 【Kis-My-Ft2】は今年紅白に出ないでいつ出るつもりか?
1512kismy.jpg
Kis-My-Ft2 Official Websiteより

 今年のNHK紅白歌合戦では、19年ぶりの出場となる近藤真彦をはじめ、SMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneと、ジャニーズ事務所からは史上最多となる7組のアーティストが出演することが決まった。

 今年はこれといったヒット曲もなく、例年以上に“地味”になりそうだっただけに、NHKとしても少しでも視聴率を下げ止めようとした結果、「ジャニーズ紅白」に行き着いたのだろう。しかし、それでもファンが待望していたKis-My-Ft2の紅白初出場は今年も叶うことがなかった。

「キスマイより明らかに実績がないSexy Zoneが3年連続の出演ですから、ファンは納得いかないでしょう。知名度、CD売り上げ枚数、テレビでの露出度などすべてにおいてキスマイのほうが上ですからね」(女性誌記者)

 さらに今年はキスマイの落選を惜しむ声は意外なところからも聞こえてきていたという。

「今年はアニメ『ラブライブ!』に登場する声優アイドルユニット・μ'sが初出場。キスマイの宮田俊哉は芸能界一のラブライバー(同作のファン)。μ'sが出演を決めたように、NHKの“ラブライブ推し”からキスマイの紅白出場は確定だという人もいたほど。紅白の場で宮田が彼女たちの魅力を熱く語り、サポート役を務めるのではと、キスマイファン、ラブライバーの双方から期待されていましたよ」(アニメ誌記者)

 自分の名前と「ラブライブ!」を全国に知らしめるチャンスを逃し、宮田はさぞかし悔しがっていることだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載