>   >   > 派閥に揺れる【ジャニーズ】年末歌番組出演はどうなる!?
1511johnnysnets.jpg
Johnny's netホームページより

 ジャニーズの人気グループが大集結する年越しライブイベント『ジャニーズカウントダウン2015-2016』が12月31日に、1年ぶりにフジテレビ系で生中継される。昨年はまさかの放送中止に嘆くファンが相次いだが、1年ぶりに復活するということでネットでは出演者予想で盛り上がっているようだ。

 98年からスタートした同番組は04年~10年まで視聴率10%以上を記録し、紅白と並ぶ大晦日の恒例番組となっていた。ジャニーズ総出演と銘打っているものの、出演グループには毎年変化があり、ファンたちは今年も様々な観点から出場するであろうグループを予想している。さらに、今回は番組の司会を嵐が務めることになり、SMAP擁する飯島派閥のファンたちからは不安の声が聞こえる。司会に嵐が就任したということは出演者も嵐擁するジュリー派閥で固めてくるのだろうか?

 現在飯島派閥と言われているのは、SMAP、山下智久、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、ABC-Z。ジュリー派閥に所属するのは嵐、V6、TOKIO、関ジャニ∞、NEWS、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、ジャニーズWESTと言われているのだが、嵐が司会を務めるとなるとやはりTOKIO、KAT-TUNの出演はほぼ確定と言っていいかもしれない。

 今年ブレイクを果たした若手筆頭株のHey!Say!JUMPに関しては、同日に京セラドームで単独ライブを行うため欠席の可能性は高いが…。

「Hey!Say!JUMPは今ジュリー派閥が一番に推しているグループといわれてますから、カウントダウンライブにも中継でねじ込まれると思いますよ。今年はジュリー派閥総出で豪華な公演になるんじゃないですかね」(テレビ局関係者)

 そこで、気になるのが飯島派閥の処遇である。SMAP、Sexy Zoneは今年も紅白出場確定とみられるが、飯島派閥で今一番推されているはずのKis-My-Ft2はファンからの期待の声もむなしくいまだ紅白出場の夢は叶っておらず、さらに昨年のカウントダウンコンサートには参加しなかったため、今年はどうなるのかファンの中にも不安が広がっているという。

「若手で推されているグループというとHey!Say!JUMP、ジャニーズWESTが思い浮かびますが、Hey!Say!JUMPよりデビューが遅れたキスマイもまだ若手扱いで人気も衰えていません。しかし、なぜかキスマイは紅白に出場することができず、カウントダウンコンサートへの出演もできなかった。飯島さんがテレビでの仕事を重要視しているため、テレビ中継のなかった昨年のカウコンには出演させなかったのでは、などとも噂されていますが、今年はテレビ中継が復活になりますから、その動向に注目が集まっています」(芸能記者)

 大晦日には紅白にカウントダウンコンサートと重大イベントが続き、どちらもジャニーズファンにとっては年に一度のお楽しみ。テレビ1つあれば彼らとともに年を越せると楽しみにしているファンは多いが、ジャニーズ事務所はどのような動きを見せるのだろうか…?


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」