>   >   > 出演するメリットがまったく見当たらず! 昼ドラのヒロインに無名の2人が抜てきされたお寒い裏事情
1511aizawarinas.jpg
『人魚』(ワニブックス)

 今月30日からフジテレビ系の昼ドラ枠で、2004年に女優の大河内奈々子と小沢真珠が姉妹の愛憎劇を演じ、社会現象になった「牡丹と薔薇」が約12年ぶりに復活した「新・牡丹と薔薇」(東海テレビ制作)が放送される。

 前作は小沢演じる妹が大河内扮する姉を執拗にいじめる場面などが話題を呼び、「役立たずのブタよ!」など数々の衝撃的なセリフが登場。最高視聴率は13.8%と昼番組では異例の高視聴率を記録。終了後にはSP版が放送されるなど話題になった。

 新作で姉のぼたんを演じるのは、日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』で転勤を繰り返す夫婦を描く人気コーナーの妻・はるみ役で知られる黛英里佳。妹の美輪子役を演じるのは、08年にテレビ朝日系『炎神戦隊ゴーオンジャー』でデビューし、モデルとしても活動する逢沢りな。

 いずれも女優としてはほぼ無名のレベルだが、2人が抜てきされた背景には実にお寒い裏事情があったというのだ。

「発表の数日前、一部スポーツ紙が、昼ドラ枠が来年3月で終了し、52年の歴史に幕を閉じることを報じた。というのも、このところ、同枠の視聴率は2~3%台と低迷。おまけに、主演をつとめても、2、3カ月撮影で拘束されるにもかかわらず、ギャラは制作費が抑えられている関係で、1話あたり20~40万程度。それでも半年間の放送なので、まとまればかなりの金額だが、今となっては昼ドラ主演は“都落ち”に見られてしまうだけに、ここ数年はオファーを受けたがらない事務所が増えてしまったため、無名の2人になってしまった」(民放のドラマ制作関係者)

 かつては同ドラマのヒロインをきっかけに高木美保、田中美佐子らが売れっ子となり、近年では小沢と大河内も含め、横山めぐみ、安達祐実らが再ブレーク。現在放送中の「別れたら好きな人」はお笑いコンビ・ピースの綾部祐二が主演、相手役を女優の白石美帆がつとめている。

「綾部は相方の又吉直樹が処女小説『火花』で芥川賞を獲得したこともあり、事務所としては相方も売りたいところだった。白石はかつては売れっ子だったが、最近はV6・長野博との交際ぐらいしか話題にならず、ゴールデンのドラマもご無沙汰で落ち目。2人にとって昼ドラの出演にメリットがあったが、ドラマ自体、まったく話題になっていない」(同)

 昼ドラ枠の打ち切りは、フジの視聴率低迷打開による大改編のためだというが、もはや昼ドラの存続意義はなかったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』