>   >   > 出演するメリットがまったく見当たらず! 昼ドラのヒロインに無名の2人が抜てきされたお寒い裏事情
1511aizawarinas.jpg
『人魚』(ワニブックス)

 今月30日からフジテレビ系の昼ドラ枠で、2004年に女優の大河内奈々子と小沢真珠が姉妹の愛憎劇を演じ、社会現象になった「牡丹と薔薇」が約12年ぶりに復活した「新・牡丹と薔薇」(東海テレビ制作)が放送される。

 前作は小沢演じる妹が大河内扮する姉を執拗にいじめる場面などが話題を呼び、「役立たずのブタよ!」など数々の衝撃的なセリフが登場。最高視聴率は13.8%と昼番組では異例の高視聴率を記録。終了後にはSP版が放送されるなど話題になった。

 新作で姉のぼたんを演じるのは、日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』で転勤を繰り返す夫婦を描く人気コーナーの妻・はるみ役で知られる黛英里佳。妹の美輪子役を演じるのは、08年にテレビ朝日系『炎神戦隊ゴーオンジャー』でデビューし、モデルとしても活動する逢沢りな。

 いずれも女優としてはほぼ無名のレベルだが、2人が抜てきされた背景には実にお寒い裏事情があったというのだ。

「発表の数日前、一部スポーツ紙が、昼ドラ枠が来年3月で終了し、52年の歴史に幕を閉じることを報じた。というのも、このところ、同枠の視聴率は2~3%台と低迷。おまけに、主演をつとめても、2、3カ月撮影で拘束されるにもかかわらず、ギャラは制作費が抑えられている関係で、1話あたり20~40万程度。それでも半年間の放送なので、まとまればかなりの金額だが、今となっては昼ドラ主演は“都落ち”に見られてしまうだけに、ここ数年はオファーを受けたがらない事務所が増えてしまったため、無名の2人になってしまった」(民放のドラマ制作関係者)

 かつては同ドラマのヒロインをきっかけに高木美保、田中美佐子らが売れっ子となり、近年では小沢と大河内も含め、横山めぐみ、安達祐実らが再ブレーク。現在放送中の「別れたら好きな人」はお笑いコンビ・ピースの綾部祐二が主演、相手役を女優の白石美帆がつとめている。

「綾部は相方の又吉直樹が処女小説『火花』で芥川賞を獲得したこともあり、事務所としては相方も売りたいところだった。白石はかつては売れっ子だったが、最近はV6・長野博との交際ぐらいしか話題にならず、ゴールデンのドラマもご無沙汰で落ち目。2人にとって昼ドラの出演にメリットがあったが、ドラマ自体、まったく話題になっていない」(同)

 昼ドラ枠の打ち切りは、フジの視聴率低迷打開による大改編のためだというが、もはや昼ドラの存続意義はなかったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』