>   > 【青木愛】シンクロ普及と芸能活動に奔走中

――シンクロ元日本代表として、北京五輪に出場した青木愛。同五輪を最後に現役を引退した彼女は、現在はタレントやレポーターなど、メディア界において、スポーツと芸能を行き来し活躍の場を広げている。輝かしいセカンドキャリアを築く青木は、今の自分をどう客観視しているのか──。

1510_athlete_15.jpg
(写真/永峰拓也)

 女性アスリートの花型的セカンドキャリアをいく筆頭ともいえるのが、元シンクロ選手の青木愛。北京五輪の代表選手として活躍し、173センチの高身長とキュートなルックスをメディアが放っておくわけもなく、08年の引退後は、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ)への出演を皮切りに、『スッキリ!!』(日本テレビ)のコメンテーターやスポーツ番組のMC、企業のイメージキャラクターなど、各所でひっぱりだこだ。そこで今回、華々しいセカンドキャリア街道を驀進中の青木に、現在のキャリアについて、本音を直撃した。

──現役時代、容姿の面でも注目を浴びていたことに実感はありましたか?

青木愛(以下、青木) あまりなかったですね。記者の方から「芸能人の◯◯に似てますね」などと言われることはありましたけど、特に気に留めていませんでした。なので、チームの中で私だけが注目されているという意識もありませんでした。でも後日、放送を見た友人から、私だけが違う取り上げ方をされていたことを聞いて、「へえ、そうなんだ」って初めて知るくらいで。冷めた性格というわけでもないんですが、「メディアはそうやってワイワイ言うのが楽しいんだろうな」と冷静に見ていましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

連載