>   > 【浅田舞】"真央の姉"の冠は不必要!

――安藤美姫や織田信成など、人気選手の登場で国民的スポーツとなったフィギュアスケート。その中でも一際メディアが熱い視線を送った選手といえば、浅田真央だ。そんな彼女を妹に持ち、同じく氷上で競う良きライバルという境遇を経て、現在は天真爛漫なキャラクターで芸能活動に勤しむ浅田舞。彼女が目指すゴールとは?

1510_athlete_16.jpg
(写真/永峰拓也)

 今や“浅田真央の姉”という説明は不要なほど、活躍の場を広げている浅田舞。7歳から始めたフィギュアスケートに一度区切りを付けた09年以降は、その知識を活かしたスポーツ番組への出演をはじめ、タレントとしての芸能活動も積極的に取り組んでいる。最近では、「週刊プレイボーイ」(集英社)の〈グラビアジャパン・アワード2015〉において、もっとも売れたデジタル写真集1位を獲得するなど、その活動は順風満帆だ。「フィギュアで味わった挫折があるからこそ、今のひとつひとつの仕事が楽しい」と語った彼女が選んだ第二の人生について聞いた。

──これまでにたくさんの取材を受けてきたと思いますが、妹・浅田真央さんと比較されることが多かったのでしょうか?

浅田 舞(以下、浅田) 「妹さんとは仲が良いんですか?」と聞かれることは多かったです。高校時代はそういう質問をされるのが本当に嫌で、自分ががんばっているのに、メディアは妹のことしか聞いてこない。たとえ一緒に試合に出ても、「真央ちゃんががんばってるから、お姉ちゃんもがんばらないと」とか、何度も言われてきました。「なぜ私のことではなく、妹のこと?」と思ったときもありましたが、あまりの多さに慣れました(笑)。でも今は、お互いが別の道でがんばっているときだと思っています。高校の頃と比べたら……今は何が起きても大丈夫ですから。それこそ当時は、今より体重が20キロ落ちたり、ある時は食べすぎて今より15キロ以上太ったり……もう、自分が自分じゃないみたいな感じでした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2016年7月号

アートビジネスと"金"のキケンな関係

アートビジネスと
    • 【美術】がカネを生む本当の理由
    • 【モネ】の贋作で相続税逃れができる!?