>   > 近日中に重大発表あり!? 【藤原紀香】と片岡愛之助の熱愛報道のウラ
norika1504s.jpg
『紀香バディ!』(講談社)

 5月に「女性セブン」(小学館)で熱愛が報じられた、女優の藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助だが、「フライデー」(講談社/9月11日号)が2人のラブラブすぎる2ショットを掲載している。

 同誌によると、今月下旬、エステ店から出た紀香を愛之助が愛車でピックアップ。都内の住宅街にある共通の知人宅に向かったが、知人宅を出て駐車場に向かう際、紀香がまるで周囲に見せびらかすように愛之助の腰に抱きつき密着。ほかにも濃厚な2ショット写真が掲載されている。

 その後、愛之助は紀香の自宅にお泊まり。このところ、愛之助は仕事が終わると、常宿のホテルにはほとんど帰らず、紀香の家で一緒に暮らしているというのだ。

「2人の交際発覚時、愛之助は熊切あさ美とも交際しており、三角関係と書き立てられた。直後に愛之助は熊切と破局。紀香との交際にまったく問題がなくなったが、紀香サイドはまるで熊切から“略奪”したようなイメージを抱かせてはいけないと考えたのか、はっきり交際を認めるコメントを出さなかった。コメントしないほうが、その後もイベントに登場した際、報道陣が集まって話題になるので、そういう計算も働いたと思われる」(週刊誌記者)

 本業は女優の紀香だが、芸歴も長く事務所の猛プッシュがあるにもかかわらず、いまだに代表作はなし。ここ数年も話題になるのは新恋人のことばかり。そして、ことごとく破局しているものの、「熱愛報道が出るたびに、紀香の窓口である芸能界のドンこと周防郁雄社長率いるバーニングプロの広報担当者にお伺いを立てる必要がある。なぜか、いつも扱いがナーバスで時には『スルーしろ』と指示されることもあった」(芸能デスク)。

 そして今回、愛之助との決定的瞬間を撮影されたわけだが、同誌の発売当日の28日、各スポーツ紙やテレビ各局のワイドショーは一切後追い報道をしなかったのだ。

「最初はほとんどのメディアが後追いする構えだった。ところが、広報担当者から『近々、紀香に話させるから、(後追いを)やめてくれ』と各メディアに通達があった。そのため、後追いするのは夕刊紙かネット系のメディアだけにとどまった。そんな事情もあって、今後紀香からそれなりの重大発表があるのでは期待されているんです」(同)

 一度はお笑い芸人の陣内智則と結婚したものの破局し、バツイチとなった紀香だが、次に目指すは“梨園の妻”か?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』