>   > 近日中に重大発表あり!? 【藤原紀香】と片岡愛之助の熱愛報道のウラ
norika1504s.jpg
『紀香バディ!』(講談社)

 5月に「女性セブン」(小学館)で熱愛が報じられた、女優の藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助だが、「フライデー」(講談社/9月11日号)が2人のラブラブすぎる2ショットを掲載している。

 同誌によると、今月下旬、エステ店から出た紀香を愛之助が愛車でピックアップ。都内の住宅街にある共通の知人宅に向かったが、知人宅を出て駐車場に向かう際、紀香がまるで周囲に見せびらかすように愛之助の腰に抱きつき密着。ほかにも濃厚な2ショット写真が掲載されている。

 その後、愛之助は紀香の自宅にお泊まり。このところ、愛之助は仕事が終わると、常宿のホテルにはほとんど帰らず、紀香の家で一緒に暮らしているというのだ。

「2人の交際発覚時、愛之助は熊切あさ美とも交際しており、三角関係と書き立てられた。直後に愛之助は熊切と破局。紀香との交際にまったく問題がなくなったが、紀香サイドはまるで熊切から“略奪”したようなイメージを抱かせてはいけないと考えたのか、はっきり交際を認めるコメントを出さなかった。コメントしないほうが、その後もイベントに登場した際、報道陣が集まって話題になるので、そういう計算も働いたと思われる」(週刊誌記者)

 本業は女優の紀香だが、芸歴も長く事務所の猛プッシュがあるにもかかわらず、いまだに代表作はなし。ここ数年も話題になるのは新恋人のことばかり。そして、ことごとく破局しているものの、「熱愛報道が出るたびに、紀香の窓口である芸能界のドンこと周防郁雄社長率いるバーニングプロの広報担当者にお伺いを立てる必要がある。なぜか、いつも扱いがナーバスで時には『スルーしろ』と指示されることもあった」(芸能デスク)。

 そして今回、愛之助との決定的瞬間を撮影されたわけだが、同誌の発売当日の28日、各スポーツ紙やテレビ各局のワイドショーは一切後追い報道をしなかったのだ。

「最初はほとんどのメディアが後追いする構えだった。ところが、広報担当者から『近々、紀香に話させるから、(後追いを)やめてくれ』と各メディアに通達があった。そのため、後追いするのは夕刊紙かネット系のメディアだけにとどまった。そんな事情もあって、今後紀香からそれなりの重大発表があるのでは期待されているんです」(同)

 一度はお笑い芸人の陣内智則と結婚したものの破局し、バツイチとなった紀香だが、次に目指すは“梨園の妻”か?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』