>   > 近日中に重大発表あり!? 【藤原紀香】と片岡愛之助の熱愛報道のウラ
norika1504s.jpg
『紀香バディ!』(講談社)

 5月に「女性セブン」(小学館)で熱愛が報じられた、女優の藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助だが、「フライデー」(講談社/9月11日号)が2人のラブラブすぎる2ショットを掲載している。

 同誌によると、今月下旬、エステ店から出た紀香を愛之助が愛車でピックアップ。都内の住宅街にある共通の知人宅に向かったが、知人宅を出て駐車場に向かう際、紀香がまるで周囲に見せびらかすように愛之助の腰に抱きつき密着。ほかにも濃厚な2ショット写真が掲載されている。

 その後、愛之助は紀香の自宅にお泊まり。このところ、愛之助は仕事が終わると、常宿のホテルにはほとんど帰らず、紀香の家で一緒に暮らしているというのだ。

「2人の交際発覚時、愛之助は熊切あさ美とも交際しており、三角関係と書き立てられた。直後に愛之助は熊切と破局。紀香との交際にまったく問題がなくなったが、紀香サイドはまるで熊切から“略奪”したようなイメージを抱かせてはいけないと考えたのか、はっきり交際を認めるコメントを出さなかった。コメントしないほうが、その後もイベントに登場した際、報道陣が集まって話題になるので、そういう計算も働いたと思われる」(週刊誌記者)

 本業は女優の紀香だが、芸歴も長く事務所の猛プッシュがあるにもかかわらず、いまだに代表作はなし。ここ数年も話題になるのは新恋人のことばかり。そして、ことごとく破局しているものの、「熱愛報道が出るたびに、紀香の窓口である芸能界のドンこと周防郁雄社長率いるバーニングプロの広報担当者にお伺いを立てる必要がある。なぜか、いつも扱いがナーバスで時には『スルーしろ』と指示されることもあった」(芸能デスク)。

 そして今回、愛之助との決定的瞬間を撮影されたわけだが、同誌の発売当日の28日、各スポーツ紙やテレビ各局のワイドショーは一切後追い報道をしなかったのだ。

「最初はほとんどのメディアが後追いする構えだった。ところが、広報担当者から『近々、紀香に話させるから、(後追いを)やめてくれ』と各メディアに通達があった。そのため、後追いするのは夕刊紙かネット系のメディアだけにとどまった。そんな事情もあって、今後紀香からそれなりの重大発表があるのでは期待されているんです」(同)

 一度はお笑い芸人の陣内智則と結婚したものの破局し、バツイチとなった紀香だが、次に目指すは“梨園の妻”か?


人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載