>   >   > 『町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」』
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第93回

『WHITEY』――ボストン暗黒街の“ドン”が最後に行き着いた場所

+お気に入りに追加

『WHITEY』

1509_machiyama_01.jpg

学問の街として知られるアメリカ東部の街ボストン。ヨーロッパの風情を残す街並みとは裏腹に、港湾部では売春や賭博、麻薬などがはびこっている。その暗黒社会を仕切るホワイティ・バルガーの半生を描いたドキュメンタリー作品。今年には、ジョニー・ディップがホワイティを演じる『ブラック・マス』も公開予定。

監督:ジョー・バーリンガー/日本公開未定。


 ボストンはハーヴァード大学やMITなど学問の街として知られ、ヨーロッパのような落ち着いた風情がある。しかし、その周辺、サウスボストンやチャールズタウン、ドーチェスターなどの港湾部は違う。

 もともと、港湾労働者として働くアイルランド移民の街で、今もアイルランド訛りがきつい。映画『ディパーテッド』(06年)で刑事役のマーク・ウォールバーグが話している奇妙な英語がボストン訛りだ。下町は、港湾労働者を仕切っていたヤクザから発展したアイルランド系ギャングに支配されている。

 ボストン出身のベン・アフレック監督がチャールズタウンを舞台にした映画『ザ・タウン』(10年)は、強盗を家業としてきた父子の物語。ドーチェスター出身の俳優マーク・ウォールバーグは、10代からドラッグ密売で高級車を乗り回し、アジア系の男性を理由もなく暴行して片目を失明させ、刑を受けている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』