>   >   > マツコ【冠番組】レビュー
第1特集
週9マツコ状態のテレビ番組……あなたはどれを見る?

『夜の巷を徘徊する』で見せたマツコ×ガチの化学反応!各局7つの冠番組をテレビ関係者がレビュー!

+お気に入りに追加

――今や深夜バラエティの女王となったマツコ・デラックス。実に7つもの番組でMCを務めているが、内容はかぶらないのか?テレビ業界関者が、匿名でマツコMCの番組を内容から比較レビューした。

1509_review_01.jpg

■マツコバラエティの最新形体
『夜の巷を徘徊する』
(テレビ朝日系列、毎週木曜24時15分~) 放送開始:2015年4月~ 共演:なし 演出:非公開 チーフ作家:非公開
マツコが独りで夜の東京を徘徊する、初の完全ロケバラエティ。BGMが一切流れないため、バラエティというよりはドキュメンタリーを見ているような感覚が味わえる。またテロップも必要最低限しか使用せず、通常オープニングで流れるアバンVTRを使用しないなど、テレビ界の王道な演出をできるだけ避けているのも特徴的。もっとも素のマツコを堪能できる番組である。おそらくロケの事前許可を取らずに撮影していると思われ、いわゆるアポなしロケである。その意味では『電波少年』(日テレ系)以来のガチ・バラエティと言えるかもしれない。マツコ×ガチの化学反応が今後も楽しみである。

1509_review_02.jpg

■ほぼラジオ番組みたいな作り
『マツコ&有吉の怒り新党』
(テレビ朝日系列、毎週水曜23時15分~) 共演:有吉弘行、夏目三久 放送開始:2011年4月~ ゼネラルプロデューサー:藤井智久 チーフ作家:そーたに
投稿を読み上げてMCがコメントするというベタでラジオチックな内容だが(深夜ラジオでさえ、こんなシンプルな構成は存在し得ない!)、テレビ界の頂点に君臨するツートップ、マツコ&有吉がいれば、そんなシンプルさでさえ、唯一無二の武器になる。良い素材ほど、シンプルに料理したほうがおいしくなる好例であろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』