>   >   > マツコ【冠番組】レビュー
第1特集
週9マツコ状態のテレビ番組……あなたはどれを見る?

『夜の巷を徘徊する』で見せたマツコ×ガチの化学反応!各局7つの冠番組をテレビ関係者がレビュー!

+お気に入りに追加

――今や深夜バラエティの女王となったマツコ・デラックス。実に7つもの番組でMCを務めているが、内容はかぶらないのか?テレビ業界関者が、匿名でマツコMCの番組を内容から比較レビューした。

1509_review_01.jpg

■マツコバラエティの最新形体
『夜の巷を徘徊する』
(テレビ朝日系列、毎週木曜24時15分~) 放送開始:2015年4月~ 共演:なし 演出:非公開 チーフ作家:非公開
マツコが独りで夜の東京を徘徊する、初の完全ロケバラエティ。BGMが一切流れないため、バラエティというよりはドキュメンタリーを見ているような感覚が味わえる。またテロップも必要最低限しか使用せず、通常オープニングで流れるアバンVTRを使用しないなど、テレビ界の王道な演出をできるだけ避けているのも特徴的。もっとも素のマツコを堪能できる番組である。おそらくロケの事前許可を取らずに撮影していると思われ、いわゆるアポなしロケである。その意味では『電波少年』(日テレ系)以来のガチ・バラエティと言えるかもしれない。マツコ×ガチの化学反応が今後も楽しみである。

1509_review_02.jpg

■ほぼラジオ番組みたいな作り
『マツコ&有吉の怒り新党』
(テレビ朝日系列、毎週水曜23時15分~) 共演:有吉弘行、夏目三久 放送開始:2011年4月~ ゼネラルプロデューサー:藤井智久 チーフ作家:そーたに
投稿を読み上げてMCがコメントするというベタでラジオチックな内容だが(深夜ラジオでさえ、こんなシンプルな構成は存在し得ない!)、テレビ界の頂点に君臨するツートップ、マツコ&有吉がいれば、そんなシンプルさでさえ、唯一無二の武器になる。良い素材ほど、シンプルに料理したほうがおいしくなる好例であろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』