>   >   > ついに解散危機が報じられた【とんねるず】の冠番組と打ち切りか!?
kinashi1507s.jpg
『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』(美術出版社)

 10日付の「東京スポーツ」がお笑いコンビ・とんねるずのコンビ唯一のレギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が9月末にも終了する予定で、それに伴ってコンビは解散。さらに、メンバーの石橋貴明と木梨憲武がそれぞれ“第2の人生”を歩むことになりそうだと報じた。

 同番組は前番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』から合わせて88年10月から放送されている長寿番組。しかし、ここ最近は視聴率が低迷している割に、同紙によると2人で1本800万円以上という高額なギャラも含めて制作費は1本3000万円と破格。さらには、とんねるずをバックアップしてきたフジの役員が6月の人事異動で子会社に出向してしまったことなども終了の理由だというのだ。

「役員とは長年、バラエティー班のトップとしてフジテレビをけん引していた港浩一氏。ここ最近、フジテレビは視聴率が軒並み低迷しているが、上層部は役職をシャッフルすることでしか“責任転嫁”できなかった。その煽りをもろにくらってしまったのが港氏で、6月に関連会社の共同テレビの社長に就任。この時点で、とんねるずの“延命”がなくなったと言われていた」(フジテレビ関係者)

 東スポによると、“第2の人生”として、石橋は新たにテレビの制作会社を立ち上げ、木梨はアーティストとして、絵や工作物などの創作活動に専念するというが、そうなると2人の家族は頭を抱えることになりそうだというのだ。

「石橋は会社のトップに立つ器ではない。おまけに、感覚が昔のテレビマンのままだから、お金が使えなくなった今のテレビ業界で生き抜いていくことは難しいだろう。妻の鈴木保奈美は3人の娘の子育てがひと段落したため、女優業に復帰。ところが、最近は端役ばかりで稼げず、家計は石橋頼み。一方、木梨は石橋のように浪費家ではないものの、1男1女がいてこれからお金がかかる。妻の安田成美は女優復帰しているものの、気が向いた作品ぐらいにしか出ないので、やはりこちらも家計は憲武頼み。2人にとって“最後の砦”だった『みなさん~』の終了は両家の家族にとっても大打撃のはず」(女性誌記者)

 長寿番組終了となれば、後釜の番組が気になるところだが、間違いなくとんねるずの起用はなさそうだ。


人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  4. 4『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  5. 5かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  6. 6大本教誕生の地・綾部――京都・まほろばの里「志賀の七不思議伝説」の謎2016.7.26
  7. 7「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  8. 8アメリカン・ドリームを掴んだ男の転落人生――「夫はベネズエラで死にました」2016.7.14
  9. 9黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ2014.7.26
  10. 10過疎と高齢化がすすむ京都府の山奥に移住するワケ――京都市内だけが京都ではない!Iターン増えるもうひとつの京都2016.7.26
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載