>   >   > ついに解散危機が報じられた【とんねるず】の冠番組と打ち切りか!?
kinashi1507s.jpg
『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』(美術出版社)

 10日付の「東京スポーツ」がお笑いコンビ・とんねるずのコンビ唯一のレギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が9月末にも終了する予定で、それに伴ってコンビは解散。さらに、メンバーの石橋貴明と木梨憲武がそれぞれ“第2の人生”を歩むことになりそうだと報じた。

 同番組は前番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』から合わせて88年10月から放送されている長寿番組。しかし、ここ最近は視聴率が低迷している割に、同紙によると2人で1本800万円以上という高額なギャラも含めて制作費は1本3000万円と破格。さらには、とんねるずをバックアップしてきたフジの役員が6月の人事異動で子会社に出向してしまったことなども終了の理由だというのだ。

「役員とは長年、バラエティー班のトップとしてフジテレビをけん引していた港浩一氏。ここ最近、フジテレビは視聴率が軒並み低迷しているが、上層部は役職をシャッフルすることでしか“責任転嫁”できなかった。その煽りをもろにくらってしまったのが港氏で、6月に関連会社の共同テレビの社長に就任。この時点で、とんねるずの“延命”がなくなったと言われていた」(フジテレビ関係者)

 東スポによると、“第2の人生”として、石橋は新たにテレビの制作会社を立ち上げ、木梨はアーティストとして、絵や工作物などの創作活動に専念するというが、そうなると2人の家族は頭を抱えることになりそうだというのだ。

「石橋は会社のトップに立つ器ではない。おまけに、感覚が昔のテレビマンのままだから、お金が使えなくなった今のテレビ業界で生き抜いていくことは難しいだろう。妻の鈴木保奈美は3人の娘の子育てがひと段落したため、女優業に復帰。ところが、最近は端役ばかりで稼げず、家計は石橋頼み。一方、木梨は石橋のように浪費家ではないものの、1男1女がいてこれからお金がかかる。妻の安田成美は女優復帰しているものの、気が向いた作品ぐらいにしか出ないので、やはりこちらも家計は憲武頼み。2人にとって“最後の砦”だった『みなさん~』の終了は両家の家族にとっても大打撃のはず」(女性誌記者)

 長寿番組終了となれば、後釜の番組が気になるところだが、間違いなくとんねるずの起用はなさそうだ。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」