>   >   > ドラマ版「デスノート」のおかげで【藤原竜也】の評価が急上昇
deathnote1507s.jpg
『DEATH NOTE 1』(集英社文庫コミック版)

 7月5日にスタートしたドラマ「デスノート」(日本テレビ系)が放送され、原作ファンから批判が殺到している。

 超人気コミックが原作ということで注目が集まっていたが、設定が大幅に変えられていたことで、ネット上では「歴史的原作レイプ」「もう見るのをやめました」「原作者に謝罪しろ」と批判の声で埋め尽くされている。

「窪田正孝演じる主人公・夜神月(やがみ・らいと)をはじめ、『L』役の山崎賢人など主要キャラの設定が軒並み変更されていることは放送前から発表されていましたが、正直、想像以上のひどさでした。原作ではクールで頭脳明晰なはずの月はただのヘタレのバカに成り下がっていた。全体の7割以上が違和感を覚えるような内容で、これでよく原作者が了承したものです」(テレビ誌ライター)

 ドラマ版にブーイングが飛びかう一方、2006年に藤原竜也と松山ケンイチがほぼ原作に忠実な設定で演じた映画版には、改めて絶賛の声が上がっている。

「実写化で成功した作品といえば、『カイジ』『るろうに剣心』『ガンツ』『デトロイトメタルシティ』などの名前が挙がりますが、いずれも藤原か松山が出演しています。ドラマ版『デスノート』では月は平凡な大学生という設定になっていますが、もし藤原が演じていれば、『カイジ』の時のような“最高の凡人”を見せてくれたと思います」(映画ライター)

 もはやファンを納得させるには、藤原がドラマに現れて「コイツは偽物のキラだ」と言って「死のノート」に窪田の名前を書くしかない?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』