>   >   > ドラマ版「デスノート」のおかげで【藤原竜也】の評価が急上昇
deathnote1507s.jpg
『DEATH NOTE 1』(集英社文庫コミック版)

 7月5日にスタートしたドラマ「デスノート」(日本テレビ系)が放送され、原作ファンから批判が殺到している。

 超人気コミックが原作ということで注目が集まっていたが、設定が大幅に変えられていたことで、ネット上では「歴史的原作レイプ」「もう見るのをやめました」「原作者に謝罪しろ」と批判の声で埋め尽くされている。

「窪田正孝演じる主人公・夜神月(やがみ・らいと)をはじめ、『L』役の山崎賢人など主要キャラの設定が軒並み変更されていることは放送前から発表されていましたが、正直、想像以上のひどさでした。原作ではクールで頭脳明晰なはずの月はただのヘタレのバカに成り下がっていた。全体の7割以上が違和感を覚えるような内容で、これでよく原作者が了承したものです」(テレビ誌ライター)

 ドラマ版にブーイングが飛びかう一方、2006年に藤原竜也と松山ケンイチがほぼ原作に忠実な設定で演じた映画版には、改めて絶賛の声が上がっている。

「実写化で成功した作品といえば、『カイジ』『るろうに剣心』『ガンツ』『デトロイトメタルシティ』などの名前が挙がりますが、いずれも藤原か松山が出演しています。ドラマ版『デスノート』では月は平凡な大学生という設定になっていますが、もし藤原が演じていれば、『カイジ』の時のような“最高の凡人”を見せてくれたと思います」(映画ライター)

 もはやファンを納得させるには、藤原がドラマに現れて「コイツは偽物のキラだ」と言って「死のノート」に窪田の名前を書くしかない?


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」