サイゾーpremium  > 特集2  > アニメ業界の【マネタイズ】は限界!?
第2特集
ジブリ崩壊とアニメ業界再編【1】

本当に面白い国産アニメを見続けるために、我々は何をすべきか? ジブリ解散で考えるアニメ業界変化の波

+お気に入りに追加

――2014年は、ディズニーによる外国産アニメ映画が話題を呼んでいたが、今夏以降、日本のアニメでも注目作品が続々と公開される。一方で、残念ながら、一部の恵まれた作品以外は、良作であってもなかなかスポットが当たらず、コアなファンにしか届かないものも多い。本企画では、こうした業界が抱える問題を追いつつ、今観るべき、そしてこれから語り継ぐべき映画や監督をピックアップし、アニメ業界の新たな幕開けを見ていこう。

1507_anime_1.jpg
日本のアニメを世界レベルに押し上げた宮﨑駿。まだまだ元気でアニメを作って欲しい。

 2014年8月、スタジオジブリが映画制作部門の休止を発表した。理由のひとつは、宮﨑駿の引退表明によって劇場用作品の定期供給が難しくなったことと言われる。また、同スタジオがアニメ業界には珍しく正社員制を敷き、福利厚生を完備していたことで経営を圧迫したとも推察される。

 ジブリの事実上の解体は何をもたらすのか? ベテランアニメライターは「ジブリのアニメーターがフリーになって野に放たれる。いろいろな作品にジブリテイストが拡散されると思うと楽しみ」と興奮する。某スタジオのスタッフも、「作画の上手い人が流れてくる! と、各スタジオのテンションは上がるでしょうね」と前向き。ただ、「テレビシリーズをメインで回しているスタジオは、ジブリのアニメーターがもらっていた業界最高といわれる水準のギャラは出せないのでは」という業界筋の声も聞こえてくる。

 細田守監督による『バケモノの子』(7月公開)には、大森崇氏、高松洋平氏、西川洋一氏など、元ジブリのベテラン美術スタッフが参加している──という情報もあるなか、ジブリ遺伝子の拡散が業界のクリエティブを刺激することになるなら、実に楽しみだ。

 その『バケモノの子』を制作するスタジオ地図は、老舗アニメスタジオ・マッドハウスのプロデューサーだった齋藤優一郎氏が2011年に立ち上げた。齋藤氏は『時をかける少女』以来、一貫して細田守作品のプロデュースを手がけている。そのマッドハウスの、創業メンバーのひとりである丸山正雄氏が11年に設立したスタジオMAPPAも同様だ(こちらのインタビュー掲載・6月27日公開)。16年には、本誌5月号でインタビューした片渕須直監督の『この世界の片隅に』の公開が控える。

 このように、大手スタジオからスタッフが独立・移籍して小さなスタジオを設立する例が、ここ数年は目立つ。元ガイナックスのメンバーが設立したトリガー(『キルラキル』)、元ジブリの新井陽次郎監督が所属するスタジオコロリド(『台風のノルダ』)、元Production I.Gのメンバーが設立したWIT STUDIO(『進撃の巨人』)も、11~12年に相次いで誕生した。

 これにはいくつかの理由が考えられる。ひとつは「上が詰まっている」ため。熟練プロデューサーが在籍し続けていくことで、若手にチャンスが回ってこないのだ。一般企業でもよくある話である。

 また、所属プロデューサーが特定の作品や監督とだけ密に仕事をしたくなった場合に、組織を抜ける例もある。スタジオ地図の齋藤氏の場合も、細田氏とのマンツーマン体制を崩さないために、独立したと言われる。古巣のマッドハウスが11年2月に日本テレビ放送網によって子会社化され、テレビシリーズに注力した制作方針に移行したことも、影響しているだろう。

 こんなケースもある。「あるテレビシリーズが好評につき続編の企画が持ち上がったとします。しかしそれを制作していたAという会社が何らかの事情で続編を請けられなくなった場合、A社のプロデューサーが独立してBという会社を作り、続編制作を請けるんです。同じプロデューサーなのでクオリティは安定しますし、今後B社は古巣のA社から仕事を受注することもできるでしょう」(前出・スタジオスタッフ)

 巨人・ジブリが制作機能を休止した今、機能特化したマイクロスタジオが活躍の場を広げていくのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』