>   >   > 『町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」』
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第91回

『トゥモローランド』――希望か絶望か? ディズニーが描く夢の世界の真実

+お気に入りに追加

『トゥモローランド』

1507_machiyama_1.jpg

宇宙飛行士を夢見る17歳のケイシーは、不思議なピンバッジを見つけた。そのピンバッジを握ると、未知の世界・トゥモローランドに足を踏み入れるが、ほどなく元の世界に戻ってしまう。そんな彼女の前に、アテナという少女が現れた。「再びここに来たければ、フランクを訪ねろ」こうしてケイシーの冒険が始まった……。

監督:ブラッド・バード/主演:ジョージ・クルーニーほか/日本公開中。


 1962年生まれの筆者が幼い頃、未来はバラ色だった。『鉄腕アトム』や『宇宙家族ジェットソン』や真鍋博のイラスト、映画『2001年宇宙の旅』に描かれた21世紀は、月に旅客ロケットが飛び、都市ではつるつるピカピカの高層ビルの間をエアカーが飛び交い、夢のエネルギー、原子力がすべてを支えている。貧困も飢えも科学技術が解決したユートピアだった。

 それを実際に形にしたのが64年のニューヨーク万国博覧会。それは科学技術による未来世界の品評会だった。ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」も元々はこの万博の展示だったのだ。

 ディズニーは科学の未来を信じていた。ディズニーランドにはトゥモローランドがあった。未来をテーマにしたセクションで、60年代にはスペース・エイジを象徴する流線形のロケットがそびえ立っていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載