サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 渡辺麻友がうんこに駆け込んだ「情熱大陸」に“神回”の声
ニュース
【premium限定ニュース】

脱アイドルサイボーグ!渡辺麻友がうんこに駆け込んだ!? 「情熱大陸」に“神回”の声

+お気に入りに追加
watanabemayu1506s.jpg
『まゆゆ』(集英社)

 AKB48の渡辺麻友に密着したドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)が14日に放送され、“神回”だったとネット上が騒然となっている。

 番組は、今月6日に福岡ヤフオク!ドームで行われた「AKB48第7回選抜総選挙」に至るまでの40日間、グループでの活動に加え、ソロシングルの制作や音楽番組への出演、主演ドラマの撮影にも完全密着。「握手会やボイストレーニングの様子、グラビアやドラマの撮影現場、焼き肉やショッピングを楽しむ姿といったプライベートタイムに加え、メイク前のすっぴん姿まで映し出されるなど、ファンならずともお宝シーンが満載でした」(芸能ライター)

 AKBファンの間では「アイドルサイボーグ」の異名を持つまゆゆだが、番組ではファンが知らない「人間・渡辺麻友」が随所に見られた。

「普段は気丈に振る舞って弱音を見せませんが、平均睡眠時間は3時間で、メイク中に居眠りしてしまう場面やスケジュールの合間を使って点滴を打つ場面も盛り込まれ、時折、疲れた表情を見せていました。総選挙の舞台に上がる直前には『怖い……』と漏らすなど、これまでの“完璧なアイドル”のイメージを崩して、ひとりの人間だということを改めて感じたファンも多かったのではないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 そして、番組後半に「脱サイボーグ」のハイライトシーンがやってきた。ドラマ撮影のあるスタジオに黒塗りのワゴン車で送られてきたまゆゆは、車から降りるなり、青白い顔をして「お手洗いに……」とだけ言って、足早にトイレに駆け込んだのだ。

「その時かぶさってきたナレーションによると、『彼女はプレシャーを感じるとお腹が痛くなってしまう』のだとか。つまり、明らかに“大きいほう”ってことですよ。正統派アイドルの筆頭のまゆゆが、『アイドルはうんこをしない』というイメージを見事に破ったところにシビれました」(前出・アイドル誌ライター)

 国民的アイドルがうんこを我慢しながらお腹を押さえてトイレに駆け込む映像など、二度と見られることはないだろう。ネット掲示板ではすぐにスレが立ち、「録画しとけばよかった」「伝説の神回だ」とファンが一斉にざわめきたっている。

「アイドルサイボーグ」から等身大の人間に――。21歳になったまゆゆの“キャラ変”は果たして吉と出るか?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』