>   >   > 『町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」』
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第89回

アメリカ政府の大罪を暴いたもう1人の功労者

+お気に入りに追加

『シティズンフォー』

1505_machiyama_01.jpg

ドキュメンタリー映画作家のポイトラスは、13年1月、ある人物からアメリカ政府が個人情報を監視しているという内部告発を受ける。その人物こそが、NSAの実態を暴露したエドワード・スノーデンだった。当初は彼の告発を信用しなかったポイトラスだが、USBに保存された監視システムのデータを見て、確信する……。

監督:ローラ・ポイトラス/主演:エドワード・スノーデンほか/日本公開未定。


 2013年、NSA(米国国家安全保障局)の外注スタッフだったエドワード・スノーデンが、アメリカ政府が国民の電話やネット活動を監視している事実を暴露し、国際的な大事件となった。それを報道した英国人ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドはピュリッツァー賞を受賞したが、そのスクープの陰にローラ・ポイトラスというドキュメンタリー映画作家がいたことはあまり知られていなかった。

 彼女がその時に撮影していた映像は14年に『シティズンフォー』という長編映画にまとめられ、15年のアカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した。

 13年1月、「私」=ポイトラスに届いた「シティズンフォー」と名乗るメールから始まる。極秘の情報を暗号で送るのでキーを受け取ってくれという。送られてきたものは、アメリカ政府が電話やネットを監視している実態の内部告発だった。ポイトラスが選ばれたのは、彼女自身が監視されていたからだ。06年、ポイトラスはイラクで戦時下の人々を記録したドキュメンタリー『マイ・カントリー、マイ・カントリー』を撮影していた。現地の人といる彼女を目撃したアメリカ軍は、反米勢力のスパイだと疑った。それ以来、彼女は、どこの空港に行っても別室で取り調べを受けるようになった。ノートはすべてコピーを取られ、パソコンは押収、何週間も戻ってこない。係官は言った。「あんたは政府のリストに載ってるんだ」。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』