>   >   > 【プロパガンダ】に使われた報道写真

――報道写真。新聞やグラフ誌などのジャーナリスティックな写真をそう呼ぶことが多いが、戦前から戦中、それはプロパガンダと同義になり、日本文化をアピールするための手段にもなった。そんな報道写真のキケンな歴史に、本誌で「写真時評」を連載する小原真史氏と写真史家の白山眞理氏が迫る!

 日本の報道写真はどう生まれ、戦争とかかわったのか――。2014年刊行の『〈報道写真〉と戦争』【1】(吉川弘文館)はそのことに迫り、名取洋之助や木村伊兵衛などが戦中に軍の宣伝工作に協力した事実を読者に突きつけた。そんな一冊を著した白山眞理氏と、本誌の連載「写真時評」で写真から戦争を読み解いてきた小原真史氏が、報道写真の隠された歴史をひも解く。

「NIPPON」を宣伝する欧米向けのグラフ誌

1505_war_01.jpg
【1】白山眞理『〈報道写真〉と戦争 1930ー1960』(2014年/吉川弘文館)【2】「光画」1932年5月創刊号(聚楽社/日本カメラ財団蔵)【3】「Berliner Illustrierte Zeitung」1933年6月4日号(ウルシュタイン社/個人蔵)

小原 『〈報道写真〉と戦争』は、日本写真史の空白を埋める重要な本で、戦後70年たってようやくという感慨もあります。今回は書名にもあるカッコ付きの報道写真について話したいと思います。報道写真というと、新聞写真やジャーナリズムのイメージですが、この言葉自体が比較的新しく、ドイツ語の「ルポルタージュ・フォト」に評論家の伊奈信男が訳語をつけた造語でしたね。

白山 日本の報道写真の父とも言うべき名取洋之助は、ドイツのグラフ雑誌で活動していたのですが、1933年にドイツでジャーナリスト規制法が公布されたことにより、日本での活動を余儀なくされます。それまでの仕事「ルポルタージュ・フォト」を日本で展開すべく、写真雑誌「光画」【2】で活躍していた写真家の木村伊兵衛に声をかけます。それから、木村の盟友でもあった評論家の伊奈信男、デザイナーの原弘らが加わって日本工房が立ち上がりました。伊奈信男は報道写真のイデオローグ的な存在になっていきます。

小原 モダニズムの先鋭として報道写真が始まったといえますね。写真を写真館やサロンにおける趣味の領域から解放し、社会性と芸術性を兼ね備えたものとして報道写真が志向されました。だから、報道写真の担い手の多くは国際感覚豊かなモダニストたちです。

白山 伊奈信男が、人々を引きつけ、社会を動かすための写真ということを主張していきます。名取がベルリン時代に契約していたウルシュタイン社の週刊グラフ誌「Berliner Illustrierte Zeitung」【3】は約200万部発行で、趣味的なサロン写真や写真館の写真とは内容も規模も全然違います。「光画」の仲間は写真の印刷化を考えていたので、そのまま報道写真へと流れていきました。

小原 日本の報道写真の母胎は、日本工房が34年に創刊した「NIPPON」【4】だといえます。欧米にあまり知られていない日本文化や産業を海外に宣伝するために制作された同誌は、名取という写真家兼アートディレクターによって細部までコントロールされており、写真とデザイン、文章の高度な融合がある。表紙は山名文夫や亀倉雄策といったそうそうたるデザイナーが担当し、伝統的かつ近代的日本のイメージを打ち出していきます。

白山 名取は高校卒業後すぐに渡欧したこともあり、コスモポリタン的な感性があった人で、日本を外から眺めることに長けていました。31年に満州事変が起こり欧米で日本への注目が集まった頃にウルシュタイン社で仕事をしていたので、発注されて日本を取材したのです。そのときの写真が世界中に配信され、ドイツで写真家として認められた。欧米向けグラフ誌「NIPPON」には、名取のドイツ経験がふんだんに盛り込まれていますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』