>   >   > 【写真賞】のウラにある歪な構造
第1特集
有名写真賞の功罪【1】

日本の“閉鎖性”を象徴!? 「写真賞」のウラにある歪な構造と問題点

+お気に入りに追加

――数々の“スターカメラマン”を生んできた、木村伊兵衛賞、土門拳賞を頂点とする日本の写真賞。しかし、海外の写真賞は評価の高いキュレーターや評論家が選考するのに対して、日本ではあくまでも”偉くなったカメラマン”が選ぶ、という意味合いが強いという。日本の写真賞の問題点に迫る!

kimuraihe1505s.jpg
『木村伊兵衛のパリ ポケット版』(朝日新聞出版)

 写真特集の巻頭企画ということで、写真を評価するシステム「写真賞」の実態を見ていこう。日本に存在する「写真賞」は大きく3つに分けることができる。まずは、自治体や新聞、雑誌などがアマチュア向けに行っている賞。いわゆる一般公募のオープンな写真賞だ。そして、広告写真など商業的な写真に与えられる賞。それら2つの写真賞が「1枚の写真に対する評価」で選出されるのに対して、「写真家」自身に与えられる賞がある。木村伊兵衛写真賞や土門拳賞など、シリーズ展示や写真集などの連作を対象としながら「写真家」に与えられる、この3つ目の賞。それらは写真関係者による推薦などノミネート形式で行われることが多く、前出の2者と違い、明確に「芸術として」写真を評価するための賞だ。本稿では、最も一般に知られており実際の影響力も大きいこのジャンルの写真賞の歴史と意義、そしてそれらが抱える問題点について、識者のコメントを交えながら考察していこう。

 写真家に与えられる写真賞で最も有名かつ歴史が古いのは、「木村伊兵衛写真賞」である。去る3月、2014年度の受賞者として石川竜一、川島小鳥の両氏が選ばれたことがメディアで報じられた同賞。新人を対象とした賞であること、「アサヒカメラ」(朝日新聞出版)という雑誌発の賞であることなどから「写真界の芥川賞」とも呼ばれている。しかしこの木村賞が現在のような形になるまでには、いくつかの変遷があったようだ。写真評論家のタカザワケンジ氏は言う。

「1975年に始まったアマチュアの神様的な存在だった故・木村伊兵衛の名を冠することで、次代のスター写真家を見出すための賞でした。したがって、時代とともに”スター”の条件も変わってきます。当初は北井一夫(75年度、第1回)、藤原新也(77年度、第3回)など異色のドキュメンタリー写真家が選ばれていますが、その後はネイチャーの岩合光昭(79年度、第5回)や、現代美術の領域で活躍する宮本隆司(88年度、第14回)など意外とジャンルは幅広い。ただし、彼らになくてはならないのが時代性とスター性です」(タカザワ氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【磯部涼/川崎】スケボーが創り出すもうひとつの川崎2016.7.28
  4. 4「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  5. 5【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  6. 6『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  7. 7かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  8. 8京都における光と影──伝統を支えたのは在日朝鮮人? 京が誇る友禅染と西陣織の裏面史2016.7.27
  9. 9【ビートたけし不定期連載】あのホテルが舛添効果で「ホテル満月」に改称 !?  猪瀬直樹よ、お前が言うなっつーの2016.7.27
  10. 10【哲学入門】英国がEU離脱を選択した背景には「主権は国民のもとにあるべきだ」という主張が根強くある2016.7.27
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載