サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第17回

「カリスマファンドマネージャーに見えている日本の社会と投資とSNSの将来」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1505_kurosaka_01.jpg
資金循環の日米欧比較 2015年3月23日発表 2014年第4四半期 出典:日本銀行調査統計局↑画像をクリックすると拡大します。

――貯金はもちろん知っている。株もなんとなくわかる。でも、投信ってなに? という読者も多いはず。正式名称は投資信託といって、簡単に言えば、プロの投資家にまるっと株や債券の売買を任せる金融商品のこと。いわゆるファンド。でも、日本ではファンドに投資する人ってほんのわずかで、ほとんどの人が、貯金で資産形成。どうして日本じゃファンドがマイナーなのか、どうして日本人は、貯金が好きなのか。そのあたりをカリスマファンドマネージャーの藤野英人さんに聞いてみました。

クロサカ 今回はレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんをお招きしました。レオスは資産運用会社で、主力商品である「ひふみ投信」【1】という個人向けの投資信託【2】で知られています。藤野さんご自身も、ツイッターやフェイスブックでアクティブに活動されていて、そちらでも有名です。日本人の貯蓄残高が800兆円を超えますが、株や投信への投資は他国に比べて少ないです。最近になって、そこにひふみ投信などの個人向けの投資信託が食い込み始めました。こうした「金融商品」を個人に対してどのように売っていくのか、マーケティングの観点から藤野さんにお話をうかがいます。

藤野 僕らは現在、ひふみ投信だけで450億円を運用しています。でも、2008年の開始当初は非常に厳しかった。開始当初は69名のお客様で、運用額は1億5000万円でした。

クロサカ ファンドとしては非常に小さなスタートでしたよね。

藤野 はい。運用というカルチャーが日本になかったことと、ちょうどリーマンショックが起きた影響もありましたね。あと、従来の投資信託とは違い、セミナーを開いて自分たちの考えを話しながら顧客を獲得していくというスタイルでの営業でした。でも、そこから毎月ほぼ5%のペースで成長を続けてきたんです。

クロサカ 毎月5%をずっと続けるって、すごい成長ですよね。69人の5%は3人でしかないけれど、その翌月は72人、その次は76人……。

藤野 何が効いたのかというと、クチコミなんです。僕らはマス広告を打たないので、基本的には僕や会社のSNSだけ。それらを使いつつ、全国でのセミナーを、ほぼ毎週やっていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』