>   > 二股交際疑惑の火消しだった滝川クリステル
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

名門・小澤家の逆鱗に触れた? 二股交際疑惑の火消しだった滝川クリステル突然の破局報道と“芸能報道”の読み方

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

takigawa150402s.jpg
『恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方』(講談社)

 滝川クリステルが「結婚間違いなし」とまで言われていた俳優の小澤征悦との恋仲を解消、破局したと伝えられた。同時に滝川とイケメン白人男性とのデートらしき現場が報じられた。期せずして起きた破局と出会いの報道。これは決して偶然ではない。芸能デスクの解説。

「女性誌に白人男性との話が出ることを知った滝川が、"二股交際"になってしまうことをおそれ、事前に"小澤とはすでに昨年末に別れた"という報道を流したとの見方があります。俗にいわれる"ガス抜き"というやり方です。子供じみたやり方ですが、少しでも悪いイメージを避けたいという気持ちから、よくあることです」

 ちなみに2人は、なぜ別れたのだろうか?

「征悦の父親の征爾氏は世界的な指揮者。母親も元トップモデル。征悦はその長男。滝川がそこに嫁ぐことは超セレブ婚であり、結婚後は小澤家の嫁として夫を立てることになる。そのために滝川はキャスターの仕事をセーブ。単発の番組だけこなし、いつでも結婚できる体制を作っていた。ただ、このまま結婚するのではどう見ても滝川のほうが収入面も含めて上なので格差婚になってしまう。逆転するためには役者として征悦が主役クラスにならなければならない。昨年春、テレ朝で初の主演ドラマに期待がかかりましたが、数字は一桁の惨敗。格差は解消されないまま。このまま結婚することに小澤家が難色を示した」(芸能関係者)

 そこに滝川の二股交際疑惑が出れば、小澤は「恥をかかされた」ことになる。それを打ち消すためにも、事前に破局報道が必要だったのだろう。

 芸能ニュースはほとんど週刊誌からの発信。それをスポーツ紙が受ける形で報道されることが多いが、今やスポーツ紙の芸能面は芸能事務所の広報と変わらない動きが目立つ。

「スポーツ紙は日々の芸能ニュースを取材するのが主な仕事で、芸能事務所と常に密なパイプを繋いでおく必要があることから、とても独自のスクープを狙った張り込みだのはできない。結果、事務所からの指示通りに記事にする傾向がある。指示に従わなければ、日頃のニュースも入ってこなくなりますからね。しかたがない面もあります」(元スポーツ紙記者)

 芸能マスコミは時には味方になったり敵になったりと臨機応変に立場を変える。例えば離婚のとき。一例が、高橋ジョージと三船美佳。当初、美佳サイドから出された話は「夫の必要以上の拘束とモラハラ」と高橋を非難する内容だった。それににマスコミは飛びつき、美佳の味方のような報道の仕方だった。ところが、高橋が反論。しかも、常に真摯にマスコミ対応をして、一連の非難を一掃して見せた。どちらの言い分が正しいかは裁判に委ねるとして、マスコミは一転、高橋につくような動きに変わった。

「美佳は"弁護士にお任せしています"と離婚についてしゃべらなくなっているのに対し、高橋は裁判とは別に、いつでも取材に応じる大人の対応。単純に比較しても高橋のほうがすぐに記事にできる。きちんと話すから説得力も増し、世間も高橋のほうが正論と評価も逆転しつつある。世間を味方に付ける高橋の戦法かもしれませんが、マスコミをもうまく味方に付けるやり方は大事です」(ワイドショースタッフ)

 マスコミ対応のうまさで好感度を上げた高橋は「離婚裁判バブル」の如く仕事が増え、特にイベントに引っ張りだこの人気だという。マスコミを動かす側からすれば、いかに「情報操作」するかで人気、仕事面に少なからず影響をもたらす。某芸能プロ幹部もこう言う。

「日頃から仲のいい記者は必要。困ったときに都合のいい話を流してもらうことができるからね。その為の接待は欠かせない」

 端的な例が映画やコンサートである。

「たいしてお客が入っていなくとも、『大ヒット。連日大満員』と人気をあおる情報を流させる。行列好きの日本人は"そんなに人気なら"と足を運ぶ。実際、満員というアイドルのコンサートを覗いたら、舞台の近くだけで、遠い席はガラガラということもある。そしてそれを写真に撮り週刊誌に流す輩もいる」(芸能デスク)

 政治、事件、芸能。すべてのニュースはニュートラルが基本。そこから「事実」だけを伝えるのが正しい報道の在り方だが、その事実が最初から歪められてしまうことも少なくない。特に芸能ニュースは、おして図るべしだろう。

ふただ・かずひこ
芸能ジャーナリスト。テレビなどでコメンテーターとして活躍するかたわら、安室奈美恵の母親が娘・奈美恵の生い立ちを綴った「約束」(扶桑社刊)、赤塚不二夫氏の単行本の出版プロデュースなども手がける。青山学院大学法学部卒業後、男性週刊誌を経て、女性誌「微笑」(祥伝社/廃刊)、写真誌「Emma」(文藝春秋/廃刊)の専属スタッフを経て、フリーとして独立。週刊誌やスポーツ新聞などで幅広く活躍する。現在は『おはようコールABC』(朝日放送)、『今日感テレビ』(RKB毎日放送)などにコメンテーターとして出演。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」