>   >   >  『町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」』
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第88回

ヘロイン中毒者"贖罪"の旅と米国版お遍路

+お気に入りに追加

『ワイルド』

1504_machiyama_01.jpg

幼少時のDVにより、セックスとヘロインに溺れるシェリル・ストレイドは、心優しき夫と自身の歪んだ不貞行為に悩まされていた。やがて離婚した彼女は、これまでの人生を見直すため、1600kmの過酷なパシフィック・クレスト・トレイルに挑む。実話をもとにしたベストセラーをオスカー女優が製作&主演し映像化。

監督:ジャン=マルク・ヴァレ/主演:リース・ウィザースプーンほか/日本公開未定。


 パシフィック・クレスト・トレイルは、メキシコからカナダまで南北に連なるシエラ・ネヴァダ山脈の尾根を走る自然歩道。最高地点のフォレスター峠は標高4000メートルを超える。踏破に挑戦する人々は多いが、成功率は6割といわれる。1995年、27歳の女性シェリル・ストレイドは、たった1人で踏破に成功し、その手記『ワイルド』が、リース・ウィザースプーン製作・主演で映画化された。

 シェリルはアウトドアスポーツに興味はないし、キャンプの経験すらロクになかった。彼女が苛酷なトレイルに挑んだのは、ヘロイン中毒でセックス中毒だったからだ。シェリルは離婚したばかりだった。結婚している間、ウェイトレスとして働く彼女は行きずりの男たちに身を任せた。男の1人はジャンキーで、彼女にもヘロインを注射した。

 ジャンキーと共に行方不明になったシェリルを、夫は必死に探し出して、家に連れて帰った。その後、ジャンキーの子どもを妊娠していることに気付いたりもするのだが、どんなことがあっても夫は妻を責めず、いつでも優しく抱きしめた。彼の優しさがシェリルには苦痛だった。

 離婚した日、彼女は夫の名前のタトゥーを腕に彫った。籍を抜く時、彼女は名字をストレイドに改名した。「野良」とか「はぐれ」という意味だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』