>   >   > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第16回

「在米ITジャーナリストが語る、米国にあって日本のネットに足らないところ」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1504_kurosaka_01.jpg
「国内ベンチャーキャピタルにおける投手件数・投資額推移・投資先ステージ」出典:日本ベンチャーエンタープライズセンター「ベンチャービジネスに関する年次報告書」↑画像をクリックすると拡大します。

――ツイッターもフェイスブックも米国生まれ。グーグルもアマゾンだってそう。気がついたら日本のインターネットは、米国生まれの企業に席巻されてしまっている。日本で起業やベンチャーが増えたといっても、米国に比べたら月とスッポンの差。そもそもネットやスマホの普及率も米国に負けている。そんなちょっと残念な国「ニッポン」と米国は、いったい何が違うのだろうか? 

クロサカ いきなりなんですけど、いま米国ではSNSってどういう位置づけなんですか?あらためて、西海岸へ引っ越してから3年が経過した松村さんに聞いてみたくて。

松村 いきなりですね(笑)。もちろん米国といってもとても広いわけですが、サンフランシスコ郊外に関していえば、SNSでは、ビジネスなどに役立てようとする姿勢を強く感じますね。例えば米国では、インスタグラム【1】がすごく人気ですが、自分が開いたお店の宣伝に活用するなど、個人が培ったコミュニケーションを仕事で活用する人が多いです。

クロサカ 日本でもなくはない話のような気もしますね。そう変わらないということ?

松村 米国では、そうしたソーシャルの活用のモデルが、インスタグラムだけでなく、いろんなところやサービスで作られているし、受け取る側もそれを自然と受け入れていて、広がりがすごいですね。それに比べると、日本はスマホとかソーシャルメディアを「遊び」以上に捉えられていないような実感があります。仕事に直接使うのは一部の人に限られているというか。

クロサカ 確かに、日本でSNSを上手く使っているのは、独立して個人で仕事をしている、つまり、僕みたいな人間ですね。僕の場合はあまり上手く使えなかった気もするけど(笑)。

松村 キンドル【2】も、最近は自費出版のプラットフォームとしても使われていますね。とりあえずキンドルで出せば、全世界で流通する。もし紙の本を出版したいなら、クラウドファンディングで出資を募るとか、キンドルの売れ行きを見て出版社が声をかけるとか。

 実は、それを真似して実践したのが夫婦で書いた『サードウェーブコーヒー読本』(エイ出版社)。最初はメルマガで、それをまとめてキンドルにして、そうしたらいくつかの出版社から声をかけてもらえて、それで追加のグラビアとインタビューを取って紙の本になりました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』