サイゾーpremium  > インタビュー  > 【5lack】──東京から福岡へ移住した天才ラッパーが描いた風景
インタビュー
「俺、絶対にラップが巧くなってるんですよ」

【5lack】天性のラッパーが東京から福岡へ移住して完成させた"夢"のかたち

+お気に入りに追加

――惜しみない称賛、革新的スキル、湧き上がる制作意欲、そして失われない自信──”天才”と呼ばれるMCに聞く、新作『夢から覚め。』で見せたひとつの回答。

1504_5lack_01.jpg
(写真/藤田二朗) 

「適当にいけよ/考えこむな」──2月28日、深夜。東京・代官山UNITに詰めかけた観客らは、口を揃えてそのラインを唱える。舞台上では、「NEXT」という曲を飄々と歌う板橋区出身のラッパー・5lackがいた。

 その曲が収められた『Whalabout?』がリリースされたのは2009年。まだ20代前半でS.L.A.C.K.と名乗っていた彼は、同じ頃にデビュー作を出したPSG(実兄でトラックメイカー/MCのPUNPEE、地元の友人でMCのGAPPERとのユニット)と合わせて、日本語ラップの新世代として耳目を集めていた。しかも、ヒップホップを敬遠していたロック・リスナーも惹きつけたが、彼らは他ジャンルの要素に頼ることなく、新奇かつポップなラップ・ミュージックのグルーヴを生み出したのだ。また、”適当”をキーワードにしながら、東京という都市で仲間とスケボーに興じ、クラブで酔っ払い、女の子にフラれる……といった自身の日常を描いた5lackのリリックは、”頑張る”ことが美徳とされる社会へ息苦しさを感じるリスナーに訴求した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載