>   >   > 【文月悠光】中島健人は終わりのない夢小説の主人公
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【6】

「終わりのない夢小説の主人公」

+お気に入りに追加

――若手女流詩人が読み解くアイドルたちのコトバ

1503_ccc_07.jpg
明治学院大学社会学部に通う現役大学生でもある、ラブホリ王子。写真は7thシングル『男 never give up』より。

恋だけが光になる。
――中島健人(Sexyzone)

 昨年から3人メインの新体制となったSexyzone。最年長、中島健人の愛称は「ラブホリ王子」(ラブホリック=恋愛依存症)。彼が語る「理想の恋愛」は具体的で、セリフも満載。「姉に恋をしたら」という危うい設定や、「図書館で恋に落ちる」ロマンチックな内容も。その行き届いた内容に、夢小説を思い浮かべた。夢小説とは、読者が登場人物の名前を設定することで、深い感情移入が可能な恋愛小説のこと。本来、そのようなコンテンツを作るのはファンの役割だが、彼は自らそれを生み出す。

 彼いわく、恋とは「終わりのない小説」。夢の生成機だ。「恋をしない限り僕の心の中は闇なんだよ」。では、恋愛禁止のアイドルの心は永遠に闇なのか。そんな疑問が頭の隅をよぎった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載