>   > 【水井真希】──暴行被害者のメンヘラ少女を救った映画界
インタビュー
園子温監督の『自殺サークル』が変えた人生観

【水井真希】「人間はいつでも死ねる」暴行事件の被害者となったメンヘラ少女を救った映画界

+お気に入りに追加

――連続女性暴行事件を描いた映画『ら』は、想像力を超えたリアリティが感じられる快作だ。それもそのはず、監督は、自らがその被害に遭ったことがあり、実体験を元にして、製作されたのだから……。

1503_mizui_01.jpg
(写真/若原瑞昌(D-CORD))

 監督自らが被害者となった連続女性暴行事件を描いた異色の映画『ら』が、この3月から公開される。見知らぬ男にある日突然、車に押し込められて拉致される──。そんな尋常ならざる暗い過去と、真正面から向き合ってみせた監督の想いは果たしてどこにあったのか。これが監督デビュー作でもある新鋭・水井真希に、その真意を訊いた。

「映像化することで過去に折り合いをつけたかったとか、きっとそういう答えを期待していると思うんですけど、作品にしたことで気持ちに何か劇的な変化があったかというと、特にない。拉致を題材にしたのも、5カ月後の映画祭に間に合わせるためには、そのほうが何かと都合がいいっていう現実的な判断が先にあったから」

 言葉を選びながらも、当事者らしからぬ意外な返答を飄々としてくる、「マイペース」な話しぶり。ややもすればエキセントリックなその言動に、少し面食らっている我々に、彼女は淡々と続けた。

「私は普段からこんな感じなので、この作品を撮るまでは事件のことを話しても、かなりの確率で信じてもらえなかったんです。被害者の中で比較的無事に解放されたのも、犯人のほうが私を扱いづらいと思ったんじゃないかな」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』