>   >   > 独立騒動に揺れた【安室奈美恵】が目論む唯一無二のアイコン
ニュース
それでもアムロちゃんが支持される理由。

ライジングに噛み付く抑制されぬ孤高の歌姫――安室奈美恵独立劇

+お気に入りに追加

路線変更が独立への鍵

小室哲哉のプロデュースを離れ、SUITE CHICとしてブラックミュージック路線に変更以降、安室はそのスタイルをかたくなに貫き通している。近年では海外プロデューサーからの提供曲はもちろん、TLCや蔡依林といった海外アーティスト、平井堅などの国内アーティストとの共演も積極的に行っている。
1502_NS_03.jpg
一連の独立騒動は、安室2015年をどのように変化させるのか。(写真はシングル「BRIGHTER DAY」ジャケット)

 歌手・安室奈美恵の独立騒動が公となったのは昨年8月のこと。同年5月に、彼女は20年以上所属している大手芸能事務所「ライジングプロダクション【1】」に対し、「独立したい」「これでは奴隷契約だ」と告げたと「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。

 同事務所の元社長・平哲夫氏は、当時小学生だった安室の才能を見いだし、デビュー以前から彼女を手塩にかけてきた。そんな〝育ての親〟に対し独立の申し立てだけでなく、17年2月まで残っている契約期間の"印税や報酬割合の引き上げ""原盤権の一部譲渡"などの条件を安室は提示したといわれている。しかし、事務所側は要求を一切受け入れず、謝罪の要求に加え、損害賠償も辞さないと関係性は悪化。これを受けて、公となった8月に、安室側が"奴隷契約"という発言について謝罪する旨を綴った手紙を送ったと報道されたが、現在も和解には至っていない。では、なぜ安室が独立を視野に入れたかを考察したい。安室の活動履歴に詳しい音楽業界関係者が話す。

MEMO『安室奈美恵』
1977年、沖縄県生まれ。小室哲哉全盛期を支えるアーティストとして確固たる地位を築き、その後はブラックミュージックに傾倒した楽曲で、今なお第一線を走る歌姫。

「平社長が01年に脱税で逮捕され、会社に対する不信感を抱いた安室が、当時独立を考えたことは自然な流れです。社長逮捕後の02年に〈ヴィジョンファクトリー〉と社名を変更しましたが、MAXやDA PUMP、w-inds.などのアーティスト組は、安室ほどのムーブメントを巻き起こすことはありませんでした。結果、安室はエイベックスだけでなくヴィジョンファクトリーをひとりで支えた自負もあったのでしょう。昨年12月には再び〈ライジングプロダクション〉に社名を戻しましたが、その理由は社運をかけた西内まりやのデビューの成功、荻野目洋子や知念里奈の復活、平愛梨の再ブレイクなど、かつての勢いを取り戻すことができたからではないでしょうか。また、三浦大知や橘慶太(w-inds.)、国仲涼子の結婚といった明るいニュースが続いたのも、事務所の機運を上げたといってもいいでしょう。そういった背景もあり、安室自身も円満に離籍できるかと思ったはずが、まさかの泥沼。離れたくても離れられない奴隷契約と言ってしまう気持ちも理解できます」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017
    • 【レシピ動画】の儲け方
    • 【園山真希絵】がレシピ動画を斬る
    • 【DAZN】巨額投資回収を拒む壁
    • 【アメリカ】のコンテンツ争奪戦
    • 【このハゲー】動画のお値段
    • 【週刊誌】がテレビ局に売った動画
    • 【ウェブCM】出演芸能人のお値段
    • 【2大炎上ウェブCM】を白黒裁判!
    • 【ウェブCM炎上】に見る女心
    • 【人気YouTuber】が脱いでみた
    • 【MC漢】が小学生と大激論
    • 【心霊動画】の潮流と愉しみ方
    • 厳選!本当に怖い【心霊動画】
    • 【トランプ】の中傷動画戦略
    • 【ネガティブキャンペーン】6選
    • IT技術者が語る【DMM.R18】の魅力
    • 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
    • 【オナニー向け】神デバイス
    • 2017年版【オナニー】ガイド
    • プロが見る【ヌケるAV】

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

NEWS SOURCE

    • 【スマステ】打ち切りの真相
    • 【大谷翔平】がMLBに投げ売り!?
    • 芸能界のドンと【レコ大】どうなる?

インタビュー

    • 【ワンピクセル】接触できないアイドルはライブで魅せる!
    • 【福永未来】万引き依存症、地獄の苦しみと救済
    • 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』