>   > 結婚しても結婚前と態度を変えない【杏】に大ブーイング
ニュース
【premium限定ニュース】

注目の初生コメントはいつ? 結婚しても結婚前と態度を変えない杏に大ブーイング

+お気に入りに追加
1502_DATE.jpg
「デート~恋とはどんなものかしら~」公式HPより。

 19日にスタートするフジテレビ系の月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の完成披露会見が12日、都内で行われた。

 会見には、主演をつとめる、元日に俳優の東出昌大と結婚した女優の杏、昨年12月28日に俳優の向井理と結婚した女優の国仲涼子が出席。2人のうち、国仲は結婚後、初の公の場となるだけに、結婚後、いまだに公の場で喜びのコメントを発していない杏とともに発言が注目されたというが、集まった報道陣の期待通りに事は運ばなかったようだ。

「恋愛ドラマだけに、本来ならば、うまくフジサイドが司会者に杏と国仲を祝福させてコメントを引き出すのがベストの形だった。ところが、2人の所属事務所がフジサイドに『プライベートには触れないでほしい』と注文を出したため、フジサイドはまったく抵抗することなく全面的に受け入れ、集まった報道陣に対してもプライベートに関する質問をNGにしてしまった」(会見を取材した記者)

 その結果、会見では2人に理想のデートを聞くのが精一杯だったうようで、杏は「着物でいろいろなものを見にいったり、普通の場所や洋食屋さんにも着物を着ていきたい」、国仲は「遊びに外に出たい。遊園地や動物園など」と明かしたが、会見後に2人の所属事務所の差が大きく出てしまった。

「国仲の事務所は安室奈美恵、観月ありさらが所属し、マスコミ対応に慣れているので、『国仲が帰り際に聞いてください』とうまく誘導。その結果、国仲は『結婚おめでとうございます』と問いかけられ、国仲は『ありがとうございます』などと笑顔で答えた。それに対して、杏の事務所は売れっ子の杏の意向に従うがままなのに加え、国仲の事務所のようなマスコミ対応ができない。そのため、杏は結婚の祝福にコメントはせず笑顔で会釈しただけ。この分では、当分、結婚について生コメントをすることはなさそう。せっかく、朝ドラ『ごちそうさん』でブレークし好感度が上がったのに、結婚前も、結婚してからもプライベートについてのコメントを避け続けているため、『もう大女優気取りか』という声が聞こえ始めている。とはいえ、事務所はそんな状況をどうすることもできない」(同)

 当然、会見を扱った記事は国仲の方が大々的にクローズアップされていたが、杏がこのままでは、ドラマの視聴率アップにまったくプラスになることはなさそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』