>   > 結婚しても結婚前と態度を変えない【杏】に大ブーイング
ニュース
【premium限定ニュース】

注目の初生コメントはいつ? 結婚しても結婚前と態度を変えない杏に大ブーイング

+お気に入りに追加
1502_DATE.jpg
「デート~恋とはどんなものかしら~」公式HPより。

 19日にスタートするフジテレビ系の月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の完成披露会見が12日、都内で行われた。

 会見には、主演をつとめる、元日に俳優の東出昌大と結婚した女優の杏、昨年12月28日に俳優の向井理と結婚した女優の国仲涼子が出席。2人のうち、国仲は結婚後、初の公の場となるだけに、結婚後、いまだに公の場で喜びのコメントを発していない杏とともに発言が注目されたというが、集まった報道陣の期待通りに事は運ばなかったようだ。

「恋愛ドラマだけに、本来ならば、うまくフジサイドが司会者に杏と国仲を祝福させてコメントを引き出すのがベストの形だった。ところが、2人の所属事務所がフジサイドに『プライベートには触れないでほしい』と注文を出したため、フジサイドはまったく抵抗することなく全面的に受け入れ、集まった報道陣に対してもプライベートに関する質問をNGにしてしまった」(会見を取材した記者)

 その結果、会見では2人に理想のデートを聞くのが精一杯だったうようで、杏は「着物でいろいろなものを見にいったり、普通の場所や洋食屋さんにも着物を着ていきたい」、国仲は「遊びに外に出たい。遊園地や動物園など」と明かしたが、会見後に2人の所属事務所の差が大きく出てしまった。

「国仲の事務所は安室奈美恵、観月ありさらが所属し、マスコミ対応に慣れているので、『国仲が帰り際に聞いてください』とうまく誘導。その結果、国仲は『結婚おめでとうございます』と問いかけられ、国仲は『ありがとうございます』などと笑顔で答えた。それに対して、杏の事務所は売れっ子の杏の意向に従うがままなのに加え、国仲の事務所のようなマスコミ対応ができない。そのため、杏は結婚の祝福にコメントはせず笑顔で会釈しただけ。この分では、当分、結婚について生コメントをすることはなさそう。せっかく、朝ドラ『ごちそうさん』でブレークし好感度が上がったのに、結婚前も、結婚してからもプライベートについてのコメントを避け続けているため、『もう大女優気取りか』という声が聞こえ始めている。とはいえ、事務所はそんな状況をどうすることもできない」(同)

 当然、会見を扱った記事は国仲の方が大々的にクローズアップされていたが、杏がこのままでは、ドラマの視聴率アップにまったくプラスになることはなさそうだ。


人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  4. 4『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  5. 5かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  6. 6大本教誕生の地・綾部――京都・まほろばの里「志賀の七不思議伝説」の謎2016.7.26
  7. 7「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  8. 8アメリカン・ドリームを掴んだ男の転落人生――「夫はベネズエラで死にました」2016.7.14
  9. 9黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ2014.7.26
  10. 10過疎と高齢化がすすむ京都府の山奥に移住するワケ――京都市内だけが京都ではない!Iターン増えるもうひとつの京都2016.7.26
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載