>   >   > テレ東vsMX【ヤバい番組】仁義なき5本勝負
第1特集
テレ東vsMX――東京を代表する2局の戦い【2】

【テレ東vsMX】両局ウォッチャーがそれぞれ推す“ヤバい番組”仁義なき5本勝負

+お気に入りに追加

――同じ「東京」の名を冠しながらも成り立ちはだいぶ違う、テレビ東京とMX。その差は前ページで説明したが、では肝心の中身であるところの番組は、どっちが面白いのか!?両局それぞれのウォッチャーが、今アツい5番組を全力で推薦!

【MXウォッチャー】オカヂマカオリ
ライター。日に3時間はMXを見る愛好家。自民党からの報道圧力文書がMXには届いていないことが納得できずにいる。日本最小(らしい)Oプロデューサーの男性器も(画像で)確認済み。

【テレ東ウォッチャー】おぐらりゅうじ
1980年生まれ。フリー編集者。雑誌「テレビブロス」のテレビ東京特集をはじめ、映画『鈴木先生』オフィシャルガイド、『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』DVD特典ブックレットの編集などを担当。

特殊“癒し系”帯番組対決

1501_TV_04.jpg

【MX】「まったり」と呼ぶには画面が濃すぎる夜帯
『バラいろダンディ』
放映/平日21:00~21:55(14年4月~)
出演/長谷川豊(MC)、山路徹、カルーセル麻紀、板東英二ほか
放送内容/MXの看板番組『5時に夢中!』(後述)の「男性版」として企画された夜のワイドショー番組。こちらもレギュラー出演陣がカオス。

くせ者オヤジと一家言ある熟女が、世間のあれこれについて繰り広げるのはほぼ呑み屋トーク。基本的にゲストが入らない、レギュラーメンバーのみの進行なので“行きつけの店”感はハンパない。実際にコメンテーターが酒を呑みながら放送する日もあったりするのだが、クレームが入るどころか「私も呑みながら観てます」という、大人な視聴者に支えられている。元キー局アナのきちんとしたMCが、映画コーナーで『悪魔のいけにえ』を取り上げながら笑顔で進行するなど、「懐が広い」がキーワードの、疲れた都会人に優しい癒やし系バラエティ。

1501_TV_05.jpg

【テレ東】素材のままに召し上がれ、テレ東イズム際立つ昼帯
『昼めし旅~あなたのご飯見せてください~』
放映/平日11:45~12:40(14年5月~)
出演/ゲスト
放送内容/「あなたのご飯見せてください」を合言葉にタレントやスタッフがあちこちへ出向き、ご飯の中身を見せてもらう情報旅番組。

『笑っていいとも!』が終了し、平日12時からの帯番組は新たなフェーズに突入した。そこでテレ東の出した答えがこの番組。90年代の『TVチャンピオン』や『浅草橋ヤング洋品店』のような突飛だったり並外れた能力を持つ一般人ではなく、普通の人にスポットを当て、いつも食べている昼飯を見せてもらう。他局であれば演出を加えるところ、素材のまま魅力的に映し出すテレ東イズムも完璧。平日昼からひとり暮らしの部屋でカップ焼きそばを食べながら夫婦のなれそめなんかを聞いていると、勝手に泣けてくる。

生放送でMCが輝く番組対決

1501_TV_06.jpg

【MX】メジャー局アナ出身MCたちの実力と爆発力
『モーニングCROSS』
放映/平日7:00~8:25(14年4月~)
出演/堀潤、脊山麻理子、黒田治ほか
放送内容/離婚に水着写真集で話題の脊山麻理子と、NHK退局前後から週刊誌を騒がせた堀潤がメインMCを務める朝の情報番組。

元NHKの堀潤と、元日テレの脊山麻理子という、メジャー局のはぐれ者がMCを務めているせいか、明るい無法地帯と化していて、朝から目が離せない。独自のツールでビッグデータを解析したり、ツイッターと連動したりと、インターネット発トピックにやたら強く、キー局のニュースショーでは見られない画面がかなり新鮮。ゲストコメンテーターとしてネット界隈の旬な人物が登場することも多く、まとめサイト的にも使えるが、MC2人の天然ぶりに翻弄されるキャスター黒田治の見事な切り返しに、生放送ならではのスリルが味わえる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2016年12月号