>   > 【秋山竜次】画期的な乳首ローターで熟女の硬くなったソコを刺激せよ!
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【2】

【秋山竜次】画期的な乳首ローターで熟女の硬くなったソコを刺激せよ!

+お気に入りに追加

――生粋のコント師・ロバートの秋山竜次が、シチュエーションを妄想しながらアダルトグッズの使い方を指南する!

ロバート・秋山竜次さんの天衣無縫な妄想を広げに広げて、アダルトグッズのエロティックな使いどころを生み出そうという当企画。2回目となる今号のお題は、乳首用ローター「エキサイト 【エレクトカップ】」だ!

1412_akiyama_01.jpg
(写真/オノツトム)

――今月の「エキサイト」はカップ状の本体にローターが付いていて、胸に装着すると乳首を刺激してくれるというグッズです。

ロバート・秋山竜次(以下、秋山) まず、この「エキサイト」のローターがかなり小さいことにビックリしました。正直、最初は「大丈夫か?」と思っていたのですが、使ってみるとしっかりと振動が伝わってきて「めっちゃスゲー!」と。個人的に「エキサイト」の刺激の強さは絶妙で、ずっと着けたままにしておきたくなります。

――胸に吸着するとしっかりフィットするので、動き回っても大丈夫ですし。

秋山 この吸いつく感覚もすばらしい。引っ張られている感じだけで乳首が刺激されて、そこにローターの振動が加わるという相乗効果が見込めます。

――乳首が立ちにくい人や陥没している人でも、吸引によって立ちやすくなるというメリットもあります。乳首は男女ともに性感帯なので、吸われると気持ちがよくなるでしょう。

秋山 着けたままにしていると、頭がボーッとしてしまい、クセになるような気持ちよさですよ。たまに低周波マッサージ器を着けたままで舞台に上がることもあるんですが、この「エキサイト」も着けたままでいけるんじゃないかと思いました(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』