>   >   > 【町山智浩】名門大学で起こる人種差別論争を笑い飛ばせ
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第84回

名門大学で起こる人種差別論争を笑い飛ばせ

+お気に入りに追加

『ディア・ホワイト・ピープル』

1412_machiyama_01.jpg

東部の名門ウィンチェスター大学は、「人種差別など存在しない」と主張する。しかし、ヒロイン・サマンサはそれに疑問を呈し、人種問題の論争を起こす。白人学生と黒人学生の対立は徐々に激化していくが……。各々にコンプレックスを抱く、個性豊かなキャラクターたちが、人種差別をめぐって繰り広げる青春コメディ。
監督:ジャスティン・シミアン/出演:タイラー・ジェームズほか/日本公開未定。


「親愛なる白人生徒たちへ」サマンサ・ホワイト(テッサ・トンプソン)は大学の学生ラジオで呼びかける。「黒人の友だちが1人いるくらいで『私は人種差別主義者じゃない』なんて言わないで。今は2人以上いないとね」

『ディア・ホワイト・ピープル』は、アフリカ系のジャスティン・シミアン監督の長編デビュー作。東部の名門ウィンチェスター大学(架空)の学生たちの人種問題を描くコメディ、というかサタイア(皮肉な劇)だ。

「もう人種差別なんてものはない」ウィンチェスター大学の総長(白人)は、副総長(黒人)に向かって断言する。「残ってるとしても、せいぜいメキシコ系差別だけだ」。

 最近も人種差別についての映画は作られてはいる。『それでも夜は明ける』は南部の奴隷制度を、『大統領の執事の涙』は 60年代の公民権運動を描いていた。しかし、ポスト・オバマ、つまりアフリカ系が大統領になった今、差別は本当になくなったのか? 特に、知的で裕福なエリートたちの間では?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』