>   >   > 【文月悠光】「アイドルたちが笑顔を貫く理由」
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【3】

「アイドルたちが笑顔を貫く理由」

+お気に入りに追加

――若手女流詩人が読み解くアイドルたちのコトバ

1411_ccc_08.jpg
所属事務所・SMエンタテインメントのイ・スマン会長の姪であることも有名。(写真は公式ブログより)

私たちの代わりに傷つかないで 
       ――サニー(少女時代)

少女時代のニュースを追っていると、まるでファッション雑誌を眺めているようで飽きない。美しい脚を強調したダンスと、思わず真似したくなる洋服やメイク。K-POPの枠を超えて、女が憧れる「女の子」の見本帳を体現している。9名の大所帯だが、個々のキャラクターの違いが全体の存在感を生んだ。メンバーのジェシカが脱退し、今後は8名での活動になるようだ。サニーはメンバーで一番背が低く、親しみやすい顔立ち。ファンに向けた件の一言は、彼女が顔写真付きでSNSにアップしたもの。ファンはアイドルの悲しみにさえ同調し、自己を投影してしまう。だからアイドルは笑顔を貫くのかもしれない。傷ついたアイドルが再び立ち上がる、その瞬間にこそ強く惹かれるものがある。

〜わたしという名の少女〜

鏡の前に立つと、もうひとり
姉妹のように現れる影。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

インタビュー

連載