>   > 精神科医が語る【Fukase】のADHDと"闇"
第2特集
SEKAI NO OWARIはなぜイタい!?【4】

ADHD? それともアスペルガー? 精神科医が読み解くFukaseの"病理"

+お気に入りに追加

――セカオワのキーマンであるFukaseの人となりを考えるとき避けて通れないのが、10代後半で経験したという精神病院への入院と、その際に下されたという「ADHD」という診断だ。過去のインタビュー等で度々語られてきたこうしたエピソードを我々はどう考えればいいのか? 発達障害にも詳しい現役の精神科医に分析してもらいながら、Fukaseの病理を丸裸にする!

1409_2toku_19.jpg

 セカオワを考える上で、決して避けて通ることができないのは、Fukase自身の生い立ち――とりわけ、10代後半で経験した精神疾患と精神病院への入院だろう。そこで本欄では、『発達障害と生きる どうしても「うまくいかない」人たち』(講談社)などの著作もあり、豊富な臨床経験を持つ昭和大学医学部精神医学教室教授の岩波明氏に、現役精神科医としての見解を語ってもらった。詳細は上の各論に任せるとして、そもそもFukaseが診断されたという「ADHD」(attention deficit hyperactivity disorder、「注意欠陥・多動性障害」)とは、どんな病気なのか?

「多動・衝動性と不注意を特徴とする発達障害の一種です。もともとは脳の微細な器質的障害によって発症するとされていましたが、最近では他の精神疾患と同様、神経伝達物質の機能障害と考えられています」

 ある統計では、子どもの罹患率は全体の5%、大人でも3%というADHD。ただ、その症状は人によって幅があるという。

「多くの人は特に治療せずとも社会生活をやっていけているので、病気と性格の境目ぐらいのものだということも可能です。基本的に知的障害との関連性はないので、クリエイティブな職業についている人もいます。ADHDの症状を、自らの知能の高さやこの病気の特徴のひとつである過集中――異常なほどの集中力を発揮することによってカバーしてしまうことも多いのです」

 ちなみに、Fukaseが書く歌詞を見て、岩波氏は次のような感想を持ったという。

「ひと通り歌詞を読んで思ったのは、彼が常に死を意識しそれと対峙しているということです。さらにいえば、自殺を想起させるようなテーマを持つ歌が非常に多い。それがADHDと直接結びついているとは思えませんが、誰か身近な人が自殺した経験があるとか、あるいは自身が強い希死念慮を持った時期があった可能性を感じます。それは病気との直接的な関連というよりも、現実世界に強い不適応を起こしメンタルダウンした実体験が、重要な精神的な"核"として彼の中にあるように思います」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載