>   >   > 【町山智浩】イスラエルの罪を描いた監督によるハリウッドへの風刺
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第81回

イスラエルの罪を描いた監督によるハリウッドへの風刺

+お気に入りに追加

『ザ・コングレス』

1409_machiyama_01.jpg
かつてのアカデミー賞候補女優ロビン・ライト本人が演じる主人公は、ある日、映画製作会社からオファーを受ける。それは彼女の全身をスキャンし、デジタル化したロビン本人の肖像権を買い取るというものだった。それにより、永遠に若々しい姿のままロビンは映画に出演することになったが……。

監督:アリ・フォルマン/出演:ロビン・ライト、ハーヴェイ・カイテル、ジョン・ハム、ポール・ジアマッティほか。日本公開は未定。




「ロビン、君は23歳の時、『プリンセス・ブライド』(87年)のヒロインで華々しくハリウッドに登場した。『フォレスト・ガンプ』(94年)のヒロインを演じた時はアカデミー賞にもノミネートされた」

 映画『ザ・コングレス』は、実在のハリウッド女優ロビン・ライトのすっぴんのアップで始まる。66年生まれの彼女の顔は、歳相応に見える。

「でも、その後の君はいくつもの選択を誤ってきた」

 ロビンは『ガンプ』の後、ショーン・ペンと結婚し、映画よりも子育てに専念した。夫はアカデミー賞を二度も受賞して大スターになったが、彼女には『ガンプ』以降、ヒット作はなかった。ロビンに話しかけているのは彼女のエージェント。彼は、ロビンの全身の映像データをコンピュータでスキャンして、その権利を映画会社に売ろうと提案する。

『ザ・コングレス』は、2008年に『戦場でワルツを』でアカデミー外国語映画賞にノミネートされた、イスラエルの映画作家アリ・フォルマンの新作。『戦争でワルツを』は、82年のレバノン内戦に当時19歳のフォルマンが従軍した体験をアニメーションで描く。26年後、彼はレバノンで何をしたか思い出せず、戦友を訪ねて記憶をたどっていく。そしてついに、自分が忘れようとした事実と直面する。イスラエルが支援するキリスト教徒がレバノンに逃げたが、パレスチナ難民キャンプを襲撃して3000人を虐殺するのを目撃してしまったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』