>   > 【キンコメ・今野】"ハゲ"のお悩み相談。
連載
麻生泰のコンプレックス駆け込み寺【1】

【今月のお悩み】"ハゲ"は強烈すぎて、ほかのキャラを殺しちゃうんです!

+お気に入りに追加

かつて、自らも薄毛に悩んでいたAGAスキンクリニック統括診療部長・麻生 泰が、芸能人のお悩みをカウンセリング。

1409_katsura_01.jpg 
「"ハゲ"は強烈すぎて、ほかのキャラを殺しちゃうんです!」

――前回まで、自らカツラを着用していたことで起こったトホホな話を披露してくれた、AGAスキンクリニック統括診療部長の麻生 泰氏が、芸能人のお悩みをカウンセリングしちゃいます!

麻生 今野さんは「コンプレックスをプラスに変えている」というイメージがあるんですが、実際はどうなんですか?

今野 相方に「コンプレックスが服着て歩いてるみたいなもんだろ!」ってツッコまれるんですけど、もともとコンプレックスなんてないんですよね。ただ、僕もちょっと髪が薄くなってきていて、それが悩みといえば悩みです。

麻生 でも、全然ハゲてはいないですよ。いわゆる"若ハゲ"の人だったら、もうとっくにツルツルになっていてもおかしくない。

今野 まさにそこが悩みなんです。中途半端に薄くなっているから、「ハゲてます」と言うと笑ってくれる人もいれば、「どこが?」というリアクションの人もいる。お客さんがピンとこないんですよ。いっそのこと、もっとハゲればいいのかな(笑)。

麻生 そのほうが、芸人としては"オイシイ"?

今野 それが難しいところなんですよね。考えたんですけど、どんなにブサイクでも、どんなに太っていても、ハゲてしまうとほかの特徴は全無視で「ハゲている人」になっちゃう。ハゲはキャラクターとして強すぎるんです。

麻生 ああ、ほかの個性が全部死んでしまうと。ハゲはキャラ作りに大きく影響してしまうほど、強烈な印象だということですね。

今野 コントをやる上でも、ハゲると子どもの役を演じるのが難しくなる。ヅラに頼らないとなんにもできなくなっちゃいますね。

麻生 僕としては、コントでも漫才でも、ハゲで笑いをとるのって安易だと思うんです。「またそれか」と思ってしまうし、もっと言うと「痛い」感じがして。プロの芸人さんからするとどうなんでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」