>   > 【モーニング娘。】の看板を使う劇的"復帰"騒動の懐事情
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

加護亜依と結婚を発表した後藤真希――モーニング娘。の看板を使う劇的“復帰”騒動の懐事情

+お気に入りに追加

『go to natura…』

――加護亜依に続き、ゴマキこと後藤真希が結婚発表と共に芸能界に戻ってきた。「これで矢口真理が戻り、元モー娘。お騒がせ三人娘として新たなユニットを組めば、かなりの話題になる」という話まで囁かれ出していた。

 引退して身を引いても戻ってくる芸能人がいる時代。活動休止なら「休止解除」で戻るのも自然なことではあるが、なんとなく違和感も覚える。活動休止→復帰で思い出されるのは、キャンディーズと都はるみだろう。「普通の女の子になりたい」「普通のオバさんに戻りたい」で休止したものの、それぞれ復帰を果たし、休止前よりも精力的に活動していた。

「キャンディーズの三人はあまりの人気に、当時相当なハードスケジュールだった。普通の女の子のような生活をしたいという気持ちからの引退でした。決して芸能界がイヤになったというわけではなかった」(音楽関係者)というが、引退しても世間はそう簡単に彼女らを普通の生活には戻してくれなかった。

 メディアは「普通の生活に戻った三人の今を追え」と三人それぞれの実家近くを取材。「某店でケーキを食べていた」といった話でも記事にしていた。当時は普通に外にも出られない状態だったと記憶している。すでに顔が全国区になっていた人気アイドルが普通の生活をしたくても、世間はほっておかないのだ。さすがに演歌のはるみを追うことはなかったが、一年ぐらいで復帰している。普通の生活をしてみて、初めて芸能界の素晴らしさを知ったのだろう。

 加護と後藤のケースは少々、事情が違う。加護は数々のスキャンダルで活動休止に追い込まれた。後藤はモー娘。卒業後、ソロ歌手として再起を図ったが、鳴かず飛ばずの状態に加え、母親の急死など家庭の事情も含んでの活動休止。

 しかし、「時期が来ればカノジョらは戻ってくる」と誰もが思っていた。それほど芸能界には魅力がある。モー娘。全盛時代、二人はグループの中心として活躍。年収は数千万円を超えていたと言われている。

 加護も後藤も全盛時に稼いだお金で家を建てている。ゴマキ御殿と近所で呼ばれる豪邸だった後藤。加護の生活も華やかだった。奈良の田舎町にあった加護の実家。田園地帯が広がるなか、加護が建て替えたと言われる「白亜の家」はひと際目立っていた。

 東京の生活も母親と祖母が定期的に上京。母親は加護の生活の面倒を見て、祖母が購入したベンツで加護を送り迎えしていた。奈良に残された父親は変則的な単身生活を余儀なくされていた。

 どこにでもいる中高校生だった子が一日にして「スター」になり生活環境が一変する。これが芸能界の魅力であり魔力でもある。むしろ「金力」と言い換えたほうがいいかもしれない。お金の魅力も復帰の背景には必ずつきまとうものである。近年、歌手の復帰ブームが盛んだ。

 かつて活躍した人気歌手やグループが復帰を果たす。復帰するには大義名分が必要となってくる。「まさかまた“金儲けしたい“からとは言えない。ファンの熱望に応えて」といった大義が必要になってくる。最近は、「震災を見て、なにかの力になりたい」といった復帰理由を言うが、やはり「商売」という背景が見え隠れしている。

「芸能界を辞めて他の仕事で成功。忙しくしていたらまた歌手に戻る暇などないはず。やはり他の仕事と芸能界の仕事では収入に大きな格差がある。それでなくとも、芸能界はつぶしの利かない世界。“夢よもう一度“という気持ちになるものです」(芸能関係者)

 こうして次から次へと復帰するが、必ずしも成功するとは限らない。特に加護や後藤となると厳しい面もある。二人ともモー娘。のメンバーだったから人気があった。モー娘。という看板が大きかった。ファンもメンバーの一人として応援していた。その肩書が取れたらただの一人の歌手。ヒット曲もグループとしてはあったが、ソロとしてはない。これで復帰しても果たしてファンが戻ってくるかどうかは疑問。元モー娘。が全員集合してかつてのヒット曲を歌うコンサートをすれば、当時のファンが懐かしさで戻ってくるだろう。

 グループからソロへの転身は難しい。結局、歌ではなく、バラエティー出演などでお茶を濁す。それも、そう長くは続かない。バラエティーのひな壇は新陳代謝が最も激しいからだ。

「復帰はわりと簡単にできるが、活動を継続していくのは難しい。復帰した時の新鮮さだけで話題にはなるが、一過性で終わってしまう可能性もある」(音楽関係者)

 加護とゴマキでどこまで再ブームを作ることができるか――。

ふただ・かずひこ
芸能ジャーナリスト。テレビなどでコメンテーターとして活躍するかたわら、安室奈美恵の母顔が娘・奈美恵の生い立ちを綴った「約束」(扶桑社刊)、赤塚不二夫氏の単行本の出版プロデュースなども手がける。青山学院大学法学部卒業後、男性週刊誌を経て、女性誌「微笑」(祥伝社/廃刊)、写真誌「Emma」(文藝春秋/廃刊)の専属スタッフを経て、フリーとして独立。週刊誌やスポーツ新聞などで幅広く活躍する。現在は『おはようコールABC』(朝日放送)、『今日感テレビ』(RKB毎日放送)などにコメンテーターとして出演。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」